田園満帆の家

住宅地の中の田園満帆の家(千葉県佐倉市 T邸)

住宅地と田園の境界に建つ南向き2世帯住宅

住宅地と田園の境界に建つ2世帯住宅です。2階がご夫婦とお子さん2人の、1階部分が祖母のスペースになっています。

敷地の北側には、川へと繋がる土手が広がり、2階のリビングからは、その背後に川と里山を眺めることが出来ます。

子育てしやすい家づくり

子どももことが気になって、家事がはかどらない・・・。子どもの荷物などで、家が散らかって、片づかない・・・。

暮らしの導線を意識することで、自然と子どもとのコミュニケーションをとる機会は、増えるものです。家は住む人を映し、変化していくもの。家族に会った暮らし方を見つけましょう。

実は、北側の窓は、借景のための窓に向いているんです

カメラで写真を撮る時のことを思い出せば、わかりやすいのですが、
北側の窓から見る風景は、日の当たった風景を見ることになります。

言い換えれば、風景が逆光にならないで、綺麗に見えるということ。これも写真と一緒ですね。ですから、風景が綺麗に見えて、実は借景には、もってこいなのです・・・。

ただ、注意することもあります。なにぶん北側ですので、冷気が足元に回り込んで居住性が落ちないように、断熱性や気密性について考慮する必要があるんです。

北側の窓はたいがい、南面窓のようにテラスとの行き来も必要ありませんので、基本的には木製の可動式ではなく、FIX(固定)のアルミサッシがいいように思います。

機能優先です!

ただ、換気の方法については検討しておく必要がありますが・・・。

写真は北側の借景窓を持つダイニング。窓の外には絵本のような里山と総武本線を走る電車が見えます。風景を綺麗に切り取るために、ワイドビューのFIX窓と換気用の小突き出し窓の連窓サッシにしました。また、風景が額状に見えるように、窓の外側に木製の太枠を廻しています。夏の夜には、里山からカブトムシが窓に向かって飛んでくるそうですよ・・・。

掲載誌 チルチンびと/2005 WINTER 31号 特集「子どもがのびのび育つ家」

関連記事:houzz 千葉の「暮らしやすい家」15選 住宅設計 独楽蔵

独楽蔵(設計事務所)ホームページ TOP
WORKS TOP