【遊び心に満ちた90㎡の玉手箱】花小金井の家(東京都西東京市)

【遊び心に満ちた90㎡の玉手箱】花小金井の家(東京都西東京市)

住宅地のなかの広々2階リビング 花小金井の家(チルチンびと仕様:国産自然素材の家)

敷地面積は約114㎡で、建蔽率は40%。ここに、子どもたちがのびのびと遊んで暮らせる家を建てたい。そんな思いを夫婦は、独楽蔵に託した。

遊び心に満ちた90㎡の玉手箱

チェンソーのモーター音が庭に鳴り響く。ほどなく、「カン、カン」と薪を割る音が聞こえてくる。この家の主、田代さんが薪ストーブ用の薪を割っているのだ。薪割りが趣味となったのは、新居に引っ越してから。「家族で近くの公園に焚き付け用の小枝を探しに行ったり、楽しいですね」。田代さんは公務員のため、一家4人はこれまで都心にある官舎を出なければならないこともあり、土地を探し始め、紆余曲折を経て、小金井公園の近くに35坪の土地を得た。

家づくりを始める前から、住宅雑誌を見ていて、心惹かれる家にはいつも同じ設計者が。それが「独楽蔵」であり、「家は子どものためにつくるもの」という言葉も夫婦の心に大きく響いていた。ハウスメーカーの展示場を巡っても、納得できるモノはなく、夫婦は独楽蔵のアトリエへ。

盛りだくさんのおもちゃ箱ハウス

「小さい家のほうが設計しやすい。床面積が限られているから、あとはどんな要素を盛り込んでいくか」と、独楽蔵では考える。建て主側も土地の大きさを理解しているため、家に求める優先順位が明確になりやすい。なかでも、田代さん夫婦は顕著で、家族が集まって楽しく過ごせることを最優先し、各個室は最低限、トイレも1カ所に絞った。だから、積極的な提案が出来ました。

果たして新居には、限られた面積を最大限に生かす”仕掛け”が盛りだくさん。たとえば、LDKは2階のワンルームだが、東側がキッチンとダイニングで、キッチンカウンターの一部には、円形のダイニングテーブルが造り付けてある。このテーブルを囲んで、食事をしたり、子どもたちは勉強したり。一方の西側は小上がりの座敷で、障子戸がある和の佇まい。ごろりと横になって、傍らの薪ストーブの火を眺めて寛ぐこともできる。天井を見上げると、太い梁が走り、また、ロフトもある空間だ。

リビングの南側には大きなバルコニーのウッドデッキがあり、リビングの一部にVの字に切り込みを入れる形で、4.5畳の広さを確保している。この見晴らしのいい「外の茶の間」には、建設足場用のタラップを生かした外階段がついている。庭からも上がれ、家全体を回遊できる仕掛けだ。

奥様は、当初、ご主人とは違い、薪ストーブの設置に反対

『あちらこちらに、いろいろある、玉手箱かおもちゃ箱のような家』は、延べ床面積約90㎡という数字以上の広さを感じる工夫に満ちている。

「とても使いやすい家です。住んでみて、ああすればよかったと思うことがなくて・・・」と奥様。当初はご主人とは違い、薪ストーブの設置に反対だったという。「こんな住宅街で危険だと思ったんです。火事が心配で・・・。木造だし、子どもも小さいし」。けれど、ご主人はCO²を新たに排出せず環境への負荷が少ない暖房である、薪ストーブを入れたかった。そこへ、アトリエで長年ストーブを使っている独楽蔵から、「住宅街でも大丈夫ですよ」と心強い言葉。「子どもには危険な点も教えて使わせることが大切だって、背中を押してくれたのが大きかったですね」とご主人。

都心の官舎では、夏場はエアコンなしでは暮らせなかった。それが、風が抜け、空や庭木の緑がみえる新居に越してからは、ほとんど使っていないという。庭先には小さな畑をつくり、外壁にキュウリやゴーヤの緑のカーテンを育てて、デッキで寛ぐ。旅行に行くことが減り、我が家の良さを満喫する日々は、これからも続いていく。

イラスト計画案は、こちら
この家の、その後の暮らしは、こちら
掲載誌:チルチンびと/2009 JULY 55号 特集 「小さな家のゆたかな暮らし」

関連記事:【気分の上がらない暗い雨の日は・・・。】

独楽蔵ホームページTOP