蔵と家をつなげる 蔵のある暮らし

【蔵と家をつなげる】 蔵のある暮らし

敷地にあった古い蔵を残して、新しく計画した家と一体化(埼玉県飯能市)

アンティークや古道具を集めるのがご夫婦共通の趣味のYさんは、飯能市内で、蔵の残ってる敷地を探していました。その蔵の空間を利用した暮らしをするのが、夢だったそうです。西武池袋線 飯能駅から徒歩7分。かつては、飯能市から高麗(日高市)に続くメイン道路だった「高麗横丁」は、昔は、ずいぶんお店も並んでいたそうですが、少なくなった今も、その名残を残す建物が多い場所。その高麗横丁の通り沿いに、蔵のある中古住宅を見つけました。

古い住宅部分は解体して、家を新しく新築し、蔵は一部を改修して、新しい家とつなげる計画に・・・。

アンティークの箱階段を利用した小屋裏(ロフト)階段

設計事務所 独楽蔵(こまぐら)ホームページ TOP
WORKS TOP