埼玉県入間市の蔵のリフォームは独楽蔵

【蔵の内装リフォーム】蔵を現代の蔵(収納)として使うために(入間市)

計画地は埼玉県入間市。先祖代々暮らしていた広い敷地は、数年前から母屋や別棟のテナント用の建物、駐車場などがキレイに整備されました。残ったのは築100年の蔵です。その建物を現代の収納スペースとして再度、活用できるように小改造を行いました。

まずは蔵の中の片付けから

数十年前に、お歳暮やお中元で頂いた石けんやタオルにブランディ。使わなくなった昭和の電化製品に和ダンスに茶箱、ざる等々・・・。数十年ぶりに開ける蔵の中は、いらないモノで溢れていました。まずは、全部の荷物を蔵の外に出して、いるモノといらないモノの仕分け作業。蔵の中の片付けを行いました。これが一番大変な作業です。

空っぽになった蔵の内部は土間でしたが、新しく床にフローリングを張りました。壁と天井には、断熱材を入れてから、合板(9mm)を張っていきます。内装に合板を使うのは、耐震性を向上させるためといつでも、どこでも、釘やビスが打てるので、収納に便利だからという2つの理由からです。白く塗装すると漆喰仕上げのような風合いになりますが、収納場所として使うので、壁の合板もそのままで、ペンキも塗りません。

一番の改善のポイントは、楽に上り下りのできる階段を作ること。以前は急な箱階段でしたが、収納場所として利用するためには、緩やかな階段が欠かせません。既存の立派な梁を抜かないように床を抜ける場所を探して、緩やかな回り階段をつけました。

重くて建て付けの悪かった出入り口は新しく採光の採れるガラスの引き戸を設けました。

before 工事前の内部の様子

元々の内部の様子です。蔵特有の急勾配の箱階段でした。出入り口も重そうです。

蔵の内部 工事中の様子

関連記事:【蔵を「蔵」として使う】蔵をリノベーション
関連記事:【築 94年:蔵のリフォーム】蔵の片付けが終了&内装工事
関連記事:【本日の業務:蔵の中のお片付け】築100年蔵のリフォーム

独楽蔵(設計事務所)ホームページ
WORKS TOP