ガレージでバスケットボール

【ガレージでバスケットボール】川越の住宅 竣工6ヶ月後

バスケットができるように、ガレージの天井も高く・・・。

バスケットゴールは、現在ミニバスの高さ。お兄ちゃんの中学校進学に合わせて、高さも調整の予定。

【のぞき窓アリマス!】

ガレージを使ったバスケットコート。バスケットゴールの向こうには、家の室内階段があります。階段の途中がちょうどいい高さなので、工事途中の打ち合わせの際に、お客さんと相談して、のぞき窓を作りました。設計の段階ではわからなくて、現場で気づいたり、こうしたほうがいいんじゃないかと、変更や追加をすることもよくあります。現場でのお客さんとの会話は、新しい暮らしのたのしい発見の連続です。

【バスケットのできるガレージ】設計事務所の家づくり(川越市)

WORKS:バスケットボールのできる家 竣工当時
その後の暮らし:【リビングの中のキッズスペース】ランドセルの置き場
その後の暮らし:【モザイクタイルとデコレーションスペースのあるキッチンカウンター】

独楽蔵(設計事務所)ホームページ TOP
その後の暮らし TOP