安全性から考える床の材料について

安全性から考える床の材料について

材料の選択は、デザインと機能の両面から

写真は和風住宅のエントランスポーチ。正面に見えるガラス引き戸は、左が玄関引き戸(木製建具製作)・右が応接間の開口部(引き戸:出入り可)です。

床は違う材料に見えますが、実は同じ御影石。表面の仕上げが異なります。磨き仕上げ(黒)とジェットバーナー仕上げ(グレー)のストライプです。磨き仕上げは、光沢があって綺麗ですが滑りやすいので、表面に凹凸のあるジェットバーナー仕上げを幅広に配置して転倒防止の対策をしています。ですから、必然的にストライブも横向きになります・・・。

デザインと機能の両面から・・・。

この家の紹介ページはこちら

独楽蔵ホームページ TOP
コラム TOP