【五感で感じる家づくり】こども園の工事の際に思ったこと

【五感で感じる家づくり】こども園の工事の際に思ったこと

人生の中で、『家づくりに BESTの時期』というのは、それぞれの家族によって変わってくると思いますが、もし、ご家族の中にお子さんがいれば、お子さんが小さい頃にする『家づくり』は、とてもいい時期の一つだと思います。

竣工後、ずいぶん時間が経過したお客さんに「家づくりのその後」のことをお尋ねする機会がよくありますが、お子さんが大きくなっても、「現場での職人さんの作業の様子や、家が建ち上がっていく過程、住んでからの暮らしの風景」など、かなり細かい部分まで、よく覚えているらしいです。

皆さんそうおっしゃいます。

家を含めた空間の好みや善し悪しについて、大人は、目から入ってくる視覚的な要素に頼りがちな気がしますが、子供は、聴覚や触覚、臭覚、それから味覚もあるかなぁ・・・(いろんなトコロを舐めたりしますし・・・笑)など、それこそ五感を総動員して感じていると思います。

感覚的な記憶は、暮らしの思い出と一緒になって、心に深く刻まれるのかもしれません。そんな「家づくり」がいいなぁ〜と思いますし、続けていきたいなぁ〜と思うわけです。

ただいま、埼玉県日高市でこども園を新築中です。子供たちには、隣の敷地の仮園舎で、限られた空間で、少し窮屈な生活をおくってもらっています・・・。しかし、これから毎日、自分たちの園舎ができあがる様子を見てもらうことができるので、それは、とてもよかったなぁ〜と思っています。

工事の様子や雰囲気を感じて、建物ができあがった時の感覚を覚えていてくれたら、うれしいなぁ〜と思っています。