フレンド認定 こども園

幼保連携型 フレンド認定 こども園

「幼稚園」の形態から「幼保連携型のこども園」への移行

都内からトレッキングやハイキング、観光など方々が多く乗降する西武秩父線 高麗駅。駅は、昭和50年代以降、山の尾根を削って開発されたニュータウン『こま武藏台団地』の最寄り駅でもあります。駅を出て、緩やかな坂道を登っていくこと約7分。『フレンド幼稚園』は、この『こま武蔵台』の開発とともに歴史を歩んできました。園に通う園児の父兄の中には、ご自分もこの『フレンド幼稚園』を卒園された方や長年、幼稚園教諭として関わりのある先生方も多く、地域に愛された幼稚園でした。

約40年の歴史の経過によって、建物や設備の老朽化や、保育・教育行政の変化から、数年前に「幼稚園」の形態から「幼保連携型のこども園」への移行する方針となりました。建て替えにあたっては、手狭な現在の敷地から移転することも検討されましたが、立地や卒園した方々の記憶などの歴史の残るこの地で新しく立て替えをすることに。

新しいこども園は、園児の収容人数に対する「保育室」の数、「園庭」の広さを確保するためには、建物を2階建てにする必要がありました。木造の園舎が理想でしたが、2階建てになると、安全性の問題から建物を「耐火建築物」にする必要が発生し、重量鉄骨造の建物になっています。

遊戯室は子どもたち、保護者、関係者プラス、地域の人たちと共有

遊戯室は、子どもたちが元気に走り回ったり、バレエ教室が行われたり、いろいろな行事が行われたりと、この「こども園」の中でも、一番、活動的で活性化した空間といえるかもしれません。また、ここでは園児以外でも、保護者の方々、主に、お母さんたちが主体のサークルやバザー、講演などの活動の場でもあります。

そして、この活動的な空間は、こども園だけではなく、段々、高齢化して活力の少なくなった『こま武蔵台ニュータウン』の元気の源の一つであるともいえます。計画の際は、この空間を、園児や関係者や地域全体で共有できるように考えました。道路から、内部の気配が感じとれ、かつ、すぐにアプローチ出来るように、エントランスのピロティ脇に遊戯室を配置。また、その遊戯室をピロティを一体的に使用することも可能なように開口部も設けました。

【バレエ教室用の鏡(移動式)】

以前からバレエ教室の練習が行われてた遊戯室。新しくなったら是非、大きな鏡がほしいとのことで、いろいろと検討しました。窓があったり、入り口があったりと、大きな壁面がないですし、普段はこどもたちが活発に遊んでいるので危険性もありますので、スライド式で仕舞えて、使うときだけ出すように考えました。

鏡が重いので、幅900mmの建具2枚に分割しましたが、自由に動かせますし、分割して使うことも可能なのでいいのではないかと・・・。

【close(閉まっている)の時こそライトアップ】

施設や店舗を設計する時には、その建物が閉まっている時や、夜間にどう見えるかも、よく考えます。近所の方々や通りを行く人たちなど、施設が動いている時以上に、建物はよく見られているものです。夜になって廻りが暗くなるので、逆にうまく照明を使うと上品に目立たせることもできます。

夜の雰囲気がどうなのか?ちょっと気になったので、息子たちと散歩をしながら見に行ってきました。

一応、息子たちもこの幼稚園の卒園児なので、興味津々で、中がどんな風に新しくなったか、とても気になる様子です。エントランス部分のダウンライトは、タイマー式になっているので、一定時間、入り口を明るく照らしてくれます。今日は、日曜日なので誰もいませんが、遊戯室を使ってる時は、木製の飾り枠を四方に廻した正面の大きな窓と側面のステンドグラスで、中の様子や明かりがキレイに見えるばずです。

はやく園児たちが使っている様子を見てみたいです・・・。

フレンドこども園 ディテール集はこちら
フレンドこども園 その後(引き渡し3日後)はこちら

【日高市 フレンド 認定こども園 新築工事 工事現場だより】
園児や保護者の皆さん、先生方に現場の様子や工事の流れをご説明するためにつくった冊子です。
part1 2017/08〜2017/11まではこちら
part2 2017/11〜2018/01まではこちら

関連記事:【「フレンド認定こども園」の須藤愛子 園長先生のこと】
関連記事:【クマさんをふまないで〜!】こども園のこども立ち入り防止対策
関連記事:【遊戯室の観客席&絵本コーナー】こども園の設計デザイン
関連記事:【こども園のための木製ポスト(製作)】埼玉県日高市
関連記事:【ヒトの気配】こども園の設計:建物引き渡し後
関連記事:【2階デッキテラス(園庭)のオーニング(電動テント)】こども園の設計デザイン
関連記事:【フレンドこども園 桜が咲きましたよ。】こども園の設計デザイン
関連記事:【エアコン室外機カバー】こども園のディテールデザイン
関連記事:【古い下足箱と新しい下足箱】こども園の設計デザイン(埼玉県日高市)
関連記事:【本日、祝 卒園式!】こども園の設計監理(日高市)
関連記事:【今日は施工業者さんの社内検査、設計事務所検査、施主検査】こども園の建築現場
関連記事:【園庭:桜のつぼみ】こども園の設計デザイン
関連記事:【フレンドこども園 遊戯室の木部(杉板)を塗装中・・・。】国産材のこども園
関連記事:【内装クロス張り】 こども園の工事現場
関連記事:【モザイクタイル墨出し:残すところあと約1ヶ月】こども園の工事現場

独楽蔵ホームページ TOP
WORKS TOP