【自分の敷地内で窓から見える風景をつくる】設計事務所の住宅設計(日高市)

【自分の敷地内で窓から見える風景をつくる】設計事務所の住宅設計(日高市)

自分の敷地の中で風景をつくる!

自分の敷地から外の余計なモノが見えないように、隣地との間に、塀兼用の薪置き場を設けることは、自分の敷地の中で風景を作るのにとても有効です。視線の先の高さを調整して、薪棚の高さを決めます。自分が割って積んだ薪を見ながら暮らすのも気持ちがいいですし…。植樹の際は、木が数年経った頃の大きさを想像しながら、窓からは植えた樹木の枝が見えるように木を配置するのもポイントです。

窓の外には、薪置き場と落葉樹の枝が風に揺れているのが見えます

WORKS:この家の竣工当時の写真はこちら

独楽蔵(建築設計事務所)ホームページ TOP
コラム TOP