【職人さんの手間でみせる建築】川越の家づくり

職人さんの手間でみせる建築

完成後も、職人さんの手仕事の後が残る家

川越の住宅の現場の写真です。

現場の作業の中で、一番多くの作業量のある
大工さんの作業が、大まかに終了したところ・・・。

建物内部のこれからの作業の流れは
塗装工事、クロス張り、木製建具取り付け、電気・照明器具・衛生陶器取り付け・・・、

外部は、
左官屋さんの外壁モルタル塗り、外壁吹きつけ工事、タイル張り、木部塗装、雨樋取り付け、足場解体など・・・。

現場には、いろいろな職種の職人さんがどんどん入ってきます。

独楽蔵の住宅は、現場でのハンドメイドの部分が多いので、
かかわる職人さんの職種や人数が多く、とても手間がかかる建物です。

世の中では、1~2ヶ月で完成するような家も多いですが、
独楽蔵の現場は、木造の住宅完成まで 5~6ヶ月必要になります。

高い材料や最新の器具で豪華さを見せるのではなく、
職人さんの手間でみせる建築といえるかもしれません。

時間がかかる分、現場で建物がどのように出来上がるか、
お客さんに細かくご説明できる機会も多いですし、
完成後も、職人さんの手仕事の後が残る家ですので
より建物に愛着をもってもらえるようです・・・。

この家の紹介ページはこちら

独楽蔵ホームページTOP
コラムTOP