google-site-verification=RB_w4ef3SXJJEi-9-k0M8x7-c_pO4fsLtCJ6THkgXI8

【緑があれば、もっといい風が吹く】

緑があれば、もっといい風が吹く

「けれどもやはり、都市に住もうと思う。広さはなくても、豊かさはある。緑はなくても風は吹く。」
ハウスメーカーさんのCMの一節です。
なるほどと、納得してしまう名コピーだと思います。
でも、できれば小さくてもいいから、敷地の中にグリーンを配置したいものです。

だって、緑があったほうが、もっといい風が吹くから・・・。
そもそも、厳しい建ぺい率や容積率があって、敷地にめいいっぱい建物を建てることは出来ないですし・・・、
車庫やアプローチも必要ですが、少し工夫をすれば可能なはずです。

都内をバイクで走っていると、皇居や大きな公園の廻りだけ、温度が明らかに違うことがよくわかります。涼しくて気持ちのいい風が吹いてます。
小さな庭でも、それがたくさん繋がれば、きっと大きな緑の帯になるはず・・・。

そんな通りや路地は、見た目にも魅力的で、散歩をしていても愉しいですよね・・。
それが、本質的な「豊かさ」なんじゃないかと・・・。