【実は、北側の窓は、借景に向いているんです②】設計事務所の家づくり

【実は、北側の窓は、借景に向いているんです②】設計事務所の家づくり

北側の窓は逆光にならない

「北側の窓は逆光にならないで、陽が当たった風景が綺麗に見えるので、実は借景に向いている」という先日のお話の続きです。

普通の引き違い窓だと、折角、風景を綺麗に見たいのに、真ん中にサッシの縦枠があるので、邪魔ですよね・・・。引き違いの窓は、左右の寸法を調整することが可能です。ですから、換気に必要な可動部分はなるべく小さく納めて、ワイドビューで景色が見えるように・・・。

網戸も小さくなるので、一石二鳥です・・・。

写真はリビングの一角にある畳スペースなので、内側に引き込みの障子が付いています。

雰囲気を良くする理由もありますが、内側の障子を閉めることによって、断熱性能を高める意味合いが大きいです。窓を伝わって、冷気が室内に下がってくると畳スペースの居住性が悪くなりますから・・・。

性能的には断熱型のLow-Eガラスを使用してもいいのですが、ガラス面の特殊金属幕のコーテイングで、どうしてもガラスに少し色がついてしまうので、風景を綺麗に見るのには、ちょっと嫌な感じがあります・・・。(個人的な感覚ではありますが・・・)

天気がいいと九重連峰がきれいに見えます・・・。

WORKS:【竣工当時のこの家の紹介ページはこちら】
その後の暮らし:【数年後のこの家の暮らしの様子はこちら】

独楽蔵(建築設計事務所)ホームページ TOP
コラム TOP