大分県竹田市の木造新築住宅デザイン リモートワークのための住宅

大分県 長湯温泉 丘の上の新築木造住宅(長湯鍼灸院併設)

数年前、首都圏から、奥さんの実家のある大分市に移住したNさん一家。移住後は大分市内で暮らしていたご家族ですが、数年間に渡って大分で自分たち家族が暮らす場所を探していました。「都会から、せっかく、大分に戻ったのだから、もっと自然に囲まれた大分らしいところで暮らそう」とご夫婦で相談されたそうで、竹田市直入の芹川沿いに、家を建てることのできる小さな里山を見つけました。長湯温泉の里山の上に建つNさんのご家族とご主人の鍼灸院を併設した住宅の計画です。

目 次(クリックすると開きます)

地域のランドマークになるように

北側県道から敷地を仰ぐ。川沿いに走る県道からの眺め。丘の上に建物の北側外観がよく見えます。周辺からよく見える北側のエレベーションを意識して、この場所のランドマークになるようにデザインしていきました。外壁の黒い部分は、メンテナンスや厳しい自然条件からの防備を意識して、屋根材で用いるスレート材(カラーベスト)を使用しています。住宅の新築のために造成した建物の廻りは、完成時地面が剥き出しのままですが、数年後、植樹によって森のようになるイメージです。

まずは山の上に家を建てるための平地をつくることから

竹田市直入は、大分市内から阿蘇方面に向かって、車で約50分。「日本有数の炭酸泉」で知られる『長湯温泉』がある地域です。家を建てることのできる敷地といっても、なにぶん山なので、家が建つだけの平地はありません。平地も自分たちで考えてつくらなけばなりません。もちろん、電気も水道も下水もありませんので、計画の最初は山に登る導入路づくりから始まりました。

山を削った丘の上の立地ですので、南は竹田市山間部の田園風景、北側は、近景に芹川沿いの『長湯温泉』の風景。遠景には、九重連山を眺めることのできる絶好の景観ですが、なにぶん山の上ですので、強風、雨や雪の影響などを考慮しながら、家を建てる場所を考えていきました。

家族の生活ゾーンと鍼灸院の接客ゾーン

この家の大きな特徴は、現在、ご主人が大分市内のクリニックで、東洋医学と鍼灸の仕事をされていることで、将来的には家でも仕事が出来るように、家族のスペースとは別に鍼灸院のスペースを確保する必要があったことです。お仕事のスペースと家族の生活や導線が混ざってしまわないように入り口も含めて分離する必要がありました。

鍼灸院の入り口、家族の入り口とも、建物北側からのアプローチですが、導線や家族のゾーンのプライバシーなどを考慮して、鍼灸院ゾーンは敷地導入路から近距離の西側に、家族ゾーンは敷地のさらに奥の東側に配置しました。

リビングは真南に向かって木製開口部

リビングの大開口は真南を向くように・・・。三角に突き出たリビング部分は、大きく屋根の軒を出して、外壁も杉の板張り(南京下見板)で、有機的に仕上げました。薪ストーブの煙突が外観上のポイントになっています。幅3400mmの大きな木製ガラス戸は、両側に引き分けて全解放することで、手前のデッキテラスが第2のリビングに。リビング前面(南側)のデッキテラスは、冬の寒い風が吹き抜けないように、外壁で囲むことを意識してゾーニングしました。外壁の黒い屏風が風の巻き込みを防ぎます。

リビングは開放的ゾーンと閉鎖的ゾーン

リビングの南側は中央に薪ストーブの両脇に大きな窓を配置した開放的な空間です。床はバーチ材(無垢材)のフローリングを使用しています。リビングの北側は、床を250mm上げた畳のスペース。東西を壁に囲まれた落ち着いた空間です。

リビングは梁を露出させて天井を高く

リビングの南側、フローリングのスペースは、三角形の平屋部分なので、小屋梁を「あらわし」にして、屋根のカタチに合わせて天井を高く仕上げました。北側上部の引き戸を開けると2階の寝室と一体になります。冬の薪ストーブのシーズンには暖気を2階に直接取り込むことが可能です。

北側窓は九重連峰の借景

北側の幅広の窓からは、晴れた日に九重連峰を見ることができます。北側の窓なので、断熱とプライバシーを考慮して、引き込みの障子を備え付けてあります。

大黒柱はヒノキの磨き丸太

キッチンカウンターは、杉の無垢材を目透かし張りに

住宅部分の玄関は、使い勝手を考えて木製の引き戸を採用。小さなガラスと真鍮のプレートで名字の『NARITA』をデザインしました。

住宅平面図(間取り図)