大分県 長湯温泉 丘の家

大分県 長湯温泉 丘の上の家

都会から、大分に戻ったのだから、もっと自然に囲まれた大分らしいところで暮らそう!

数年前、首都圏から、奥さんの実家のある大分市に移住したNさん一家。大分市内で暮らしていたご家族は、数年間に渡って大分で自分たち家族が暮らす場所を探していました。「都会から、せっかく、大分に戻ったのだから、もっと自然に囲まれた大分らしいところで暮らそう」とご夫婦で相談されて、竹田市直入の芹川沿いに、家を建てることのできる小さな里山を見つけました。

竹田市直入は、大分市内から阿蘇方面に向かって、車で約50分。「日本有数の炭酸泉」で知られる『長湯温泉』がある地域です。家を建てることのできる敷地といっても、山なので、家が建つだけの平地はありません。平地も自分たちで考えてつくらなけばなりません。もちろん、電気も水道も下水もありませんので、計画の最初は山に登る導入路づくりから始まりました。

山を削った丘の上の立地ですので、南は竹田市山間部の田園風景、北側は、近景に芹川沿いの『長湯温泉』の風景。遠景には、九重連山を眺めることのできる絶好の景観ですが、なにぶん山の上ですので、強風や雨の影響などを考慮しながら、計画を進めていきました。

 

長湯温泉の里山の上に建つ鍼灸院を併設した住宅です。

家族のゾーンと鍼灸院のゾーン

この家の大きな特徴は、現在、ご主人が大分市内のクリニックで、東洋医学と鍼灸の仕事をされていることで、将来的には家でも仕事が出来るように、家族のスペースとは別に鍼灸院のスペースを確保する必要があったことです。スペース確保といっても、お仕事のスペースと家族の生活が混ざってしまわないように入り口も含めて分離する必要がありました。

鍼灸院の入り口、家族の入り口とも、建物北側からのアプローチですが、導線や家族のゾーンのプライバシーなどを考慮して、鍼灸院ゾーンは敷地導入路のある西側に、家族ゾーンは敷地のさらに奥の東側に配置しました。

その後の暮らし 山の上の一軒家 鍼灸院と家族
独楽蔵ホームページ TOP
WORKS TOP