【2段ベッドの宇宙っていうか、巣っこ】我が家の子離れ・親離れ

【2段ベッドの宇宙っていうか、巣っこ】我が家の子離れ・親離れ

寝る時間と場所だけの話だと思っていた『2段ベッド問題』ですが・・・

我が家では去年まで、セミダブルとシングルのベッドをくっつけて、家族4人、川の字で寝ていました。子どもたちが大きくなって、寝相も悪いし、汗も滝のようにかくし、窮屈になったので、半年くらい前から子どもたちと寝る部屋を別々にすることに。

いままで使ってなかった子ども部屋に、ベッドを置くわけですが、まだ子どもたちも小学生なので、とりあえず2段ベッドを試してみようということになりました。

ネットで注文して、一緒に組み立てました。

寝る時間と場所だけの話だと思っていた『2段ベッド問題』ですが、昼間の生活にもちょっとした変化が起こります。それまでは、起きている間ずっとリビングにいた子どもたちが、時折、2階のベッドのある部屋で、過ごすようになったのです。

これはちょっと想定外・・・。

ベッドに潜って漫画や本を読んだり、秘密基地を作ったり・・・、なんだかコソコソやっています。

友達が遊びに来ても、2階に上がる機会が増えました。ものすごく窮屈で暑いと思うのですが、やっぱり自分だけのパーソナルスペースは落ち着くのかもしれませんね。

おもしろいのは、次男(小4)は、壁に絵や写真を張ったりして部屋を飾るのが好きなのに対して、長男はそういうことにまったく興味がなく、肌触りのいいものや柔らかいモノ(意外にもぬいぐるみとか・・・)が好きなようです。

改めて性格の違いが良くわかります。

彼らがベッドを使う様子は、愛犬がゲージのクッションの下に、いろいろとモノを隠す行為にあまりにもそっくりで、笑えます・・・。

まだ、親に対して何かを隠したり、秘密はないようですが(たぶん)、もう少しすると子ども部屋やベットに近づくと、愛犬のようにガルルル〜と吠えて威嚇するかもしれません。