【家づくりの計画を実践!土間空間にロードバイク2台を収納】

【家づくりの計画を実践!土間空間にロードバイク2台を収納】

川越の家づくり(完成から1年後)

家が完成してから約1年。JR川越駅にほど近い街中の住宅地に建つ家に、久しぶりにお邪魔しました。玄関の扉を開けると細長い土間玄関が奥へと続いているのが、この家の最大の特徴です。奥のガラス戸の向こうはキッチンスペースになっていて、リビングを経由せずに、直接キッチンに行くことが出来る工夫です。その奥行きのある土間の長い東側(右)の壁面は扉のある収納スペース。奥行き400mmの物入れで、靴はもちろん、日常の小物や買い物のストックはここに収納できるようになっています。

リビングと接している反対側は、壁すべてがガラスのスクリーンになっていて、リビングと一体化した空間を作り出しています。リビングに入る小さな框の向こうにも、かなりのスペースがあったので、計画時にお客さんと相談して、ロードバイクを縦に2台吊すことができるように考えました。ちょうどリビングのダイニングスペースからそのロードバイクを眺めることができるようにもなりますし・・・。

見せたくないときは、ロールスクリーンを下ろしてしまえばいいですからね。

土間がどのように使われているのかずっと気になっていましたが、今回の訪問で、ロードバイクが吊されている様子を見ることができて、とてもうれしい気持ちになりました。それも、上下に2台。ご主人と息子さんの自転車だそうです。

WORKS:竣工当時の写真はこちら
イラスト計画案:川越市新宿町 街中の家(土間路地のある家)家づくり はこちら

独楽蔵(建築設計事務所)ホームページ TOP
その後の暮らし TOP