川越市の木造注文住宅、設計デザイン

川越市新宿町 街中での木造新築の暮らし(土間路地のある家)

JR川越駅から線路と並行に南に向かって徒歩6分。脇の道に入ると細い道沿いに住宅が建ち並んだ住宅街の新宿町です。その東西に伸びる路地に面して、北側方向に奥に長い短冊状の敷地が3区画並んでいました。西側から住み手が決まって、新築の木造住宅を2件、計画しました。今回は残った最後の敷地の計画です。それぞれ3件の住宅は、個別の建物ですが、三軒両隣として、緑やデッキテラス、空地などの環境は、緩やかに共有しようと考えました。三軒並び右端の家。

① 限られた敷地の間口を有効に使う

敷地は南側道路で、道路に対して奥行きが長い短冊状の土地です。東西の両側に隣地の建物が狭っているために、開放感のある有機的な空地は南側のみになります。計画するのは一戸建ての木造住宅ですが、感覚的にはテラスハウスに近い形態とも言えます。

② 限られた間口のリビングに開放感と広さを感じさせる玄関土間のガラススクリーン

計画される新築住宅の南側に配置されるのは、リビングと玄関です。玄関は最低限の幅に計画して、なるべくリビングの幅を取りたいところです。そして、リビングを開放感のある広い空間に感じさせるために、玄関と一体のワンルームに感じるように、壁一面をガラスのスクリーンの間仕切りにしました。

ほとんどはFIXのガラスですが、玄関とリビングの間は、ガラスの一本引戸で開閉します。リビングから玄関を見せたくない時は、ロールスクリーンでクローズです。

③ 廊下を排除した町屋式の細長い土間玄関

空間を有効に使うために排除したものが、玄関とリビングのの間にある「廊下」です。玄関は京都の町屋のように家の奥まで伸びる細長い土間空間。さらに奥のガラス引戸を開けると、キッチンに続く上がり框が現れます。リビングを経由せずに、直接、キッチンにアクセスできる導線になっています。

④ 細長い土間玄関はロードバイクの見せる収納場所にピッタリ

計画の段階で、ご主人と息子さんのロードバイクを2台分どこかに収納したいというご希望がありました。バイクの出し入れのためにはやはり、玄関に置くのが便利です。細長く建物の奥に伸びる玄関土間は、ロードバイクの収納にぴったりでした。

キッチンの導線の邪魔にならないように、バイクは上下2段に吊ってしまいます。右側の壁面はすべて、収納スペースなので、残されたスペースは、ガラスのスクリーンの部分。「ロードバイクハンガー」取り付けのために、FIXのガラスの部分に木製の細い方立(ほうだて)をつけました。リビングや玄関土間からロードバイクを見ることのできる「見せる収納」です。

⑤ 土間には無垢のケヤキの小さな上がり框

この家には玄関とリビングの間の廊下がありませんので、上がり框もリビングにあがるのを補助するためのモノです。ガラス引戸の大きさに合わせた円弧の形状で小さめの上がり框です。材質はケヤキの一枚板(無垢材)。軽快で浮いた印象に見えるように、スチールの1本脚で固定しています。施工業者さんの倉庫に眠っていたケヤキの板を加工して使ってもらいました。

⑥ キッチンカウンターは、タモ材の縦羽目板

キッチンのカウンターがあるスペースは、ダイニングテーブルが配置されて、日常的に使用頻度の高い動的なエリアです。人が実際に触れたり、見たりする頻度も高いので、壁も汚れたり、傷がついたり劣化もはやい部分になります。ですから、傷や汚れが経年変化として、美しく感じられるように本物の素材を選ぶべきだと思います。

⑦ リビングは住宅の南の端から北の端までのワンルームで、北側からの採光・通風も確保する

【同じフローリングでも塗装で全然違います!】 クリアコート塗装仕上げと自然オイル塗装仕上げの違い 続きはコチラ→

⑧ キッチンは側面の開口部&ガラスのショーケースから採光を確保

採光の届きにくいキッチンは、サイドの開口部から光と風を取り入れます。窓は採光を兼ねたガラスショーケースを作っています

キッチンから直接、玄関土間に抜けることのできる室内勝手口

⑨ 【南側接道の間口の狭い敷地】採光&通風と相反するプライバシーを確保するために

今回の計画地は、南側接道で、間口の限られた奥行きの深い敷地。住宅で南側に必ず確保したいのは、リビングとそのリビングの採光と通風のための大きな開口部です。南側が接道の場合には、そこに家にアクセスするための玄関が必ず発生しますので、さらにリビングの間口が限定されることになります。加えて、南側道路を通行する不特定多数の人々からの視線もありますから、その部分も考慮しなければなりません。

リビングの大開口を南の前面道路に対して、南東方向に45°振ることによって、光の関係で道路から直接見えにくくしています。また、リビングの開口部を対角方向に振ることによって、壁面の長さが、1.4倍になりますので、その分、開口部も大きく確保することができました。

デッキテラスを取り囲むように、約300mm程度高さを上げて、植樹スペースを配置。物置小屋も含めて、道路からの視線を適度に遮ります。

【玄関土間と外部のアプローチは、同じタイル】の記事はコチラ→

洗面台とトイレのモザイクタイル

2階の子供部屋と主寝室

【black & white】 クロス(壁紙)の張り分け 記事の続きはコチラ→

イラスト計画案はコチラ→
その後の暮らし:【家づくりの計画を実践!土間空間にロードバイク2台を収納】 川越の家づくり(完成から1年後)

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
WORKS TOP

関連リンク(クリックすると開きます)

関連ブログ:【表通りと裏通りのお話】室内の導線のお話です 2019/09/10
関連ブログ:川越の家づくり 完成後にちょっと寄り道 2019/06/22
関連ブログ:【植樹工事の様子】 2019/03/21
関連ブログ:【川越市新宿町の家の引き渡し】 2019/03/02
関連ブログ:【ロードバイクハンガー取り付けました!】
関連ブログ:【ロードバイクハンガーの取付】
関連ブログ:【外壁に濃紺のモザイクタイル】
関連ブログ:【外壁のモザイクタイル②】
関連ブログ:【同じドア(木製建具)でも手間が全然違うんです】
関連ブログ:【ガラス×ガラス】
関連ブログ:【リビングと土間玄関の間は、ガラススクリーン 川越の家づくり】
関連ブログ:【ガス乾燥機 乾太くん】設置 川越の家づくり
関連動画:【屋根 ガルバニウム鋼板平葺き(現場作業の様子)川越の家づくり】
関連記事:【川越の住宅 上棟約一週間後の打ち合わせ】
関連記事:【雨の中の上棟】(金物工法)
関連記事:【上棟に向けての準備:金物工法】川越の家づくり
関連記事:【川越の住宅現場 基礎工事】
関連記事:【川越で住宅の地鎮祭がありました。】川越市の家づくり
関連記事:【住宅機器の立川ショールーム見学】 設計事務所の家づくり