築30年 3階建てオフィス部分→住宅にリノベーション(完成から半年経過)

【働く・遊ぶ・勉強するリビング】「築30年 3階建てオフィス部分→住宅にリノベーション」

リノベーション完成から約半年経過

『築30年 重量鉄骨3階建てオフィス併用住宅』の3階部分、これまでオフィスとして使われていたスペースを住居として使用するためのリノベーション計画でした。

リノベーション完了後から、約6ヶ月経過した暮らしの様子です。リノベーション完了後から、約6ヶ月経過した暮らしの様子。久しぶりにお伺いした室内は、以前の家にあったモノや新しくご夫婦がチョイスした調度に囲まれていましたが、シンプルな雰囲気もあり、完成時の記憶以上に空間が広く感じます。

コロナ以前から、自宅でデザインの仕事をされていた奥さん。リノベーション後も、より仕事がやりやすくなるスペースとして、長辺方向の壁を開けておきましたが、その壁のコーナー部分にデスクスペースを作られたようです。リビングでお仕事の打ち合わせをされることも多いそうで、その際は作りつけのダイニングテーブルも活用されているとのこと。

小四のお姉ちゃんのお気に入りは、ダイニングテーブルの天板が伸びて、L型の壁に囲まれた省スペース。奥行き300mm程度のカウンターですが、少し隠れるのが居心地がいいのか、ここでよく勉強をされているそうです。

ご友人や子供たちの友達がたくさん遊びに来られたときも、大きなテーブルが活躍します。テーブルにモバイルプロジェクターを置いて、映画の観賞会も・・・。

各寝室部分

玄関からまっすぐ廊下を進んだ先のご夫婦の寝室は、比較的窓が小さく落ち着いた部屋。その印象をより強調するように、壁全体が、常緑樹の葉のように深い「エバーグリーン」でまとめてあります。

中央の廊下を挟んで、並ぶ子供部屋は、その両側に大きな開口部のある明るい部屋。お姉ちゃんは好きな色の「オーシャンブルー」と白、おとうとくんは「マラカイト(孔雀石)グリーン」と白のヴィヴィッドな部屋。

家族それぞれの好みも、いろいろでたのしい・・・。

WORKS:リノベーション完成当時の様子はこちら
イラスト計画案:築30年 鉄骨3階部分のオフィススペースを住宅にリノベーション

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
その後の暮らし TOP