google-site-verification=RB_w4ef3SXJJEi-9-k0M8x7-c_pO4fsLtCJ6THkgXI8

八王子の家 10年目の経年変化(本物の材料を使った家)

八王子の家 10年目の経年変化(本物の材料を使った家)

きのう、久しぶりにお邪魔した八王子の住宅は、完成してから約10年。

竣工当時は、真っ白だった桜のフローリングや表情の少なかったタモ(板目)の縦羽目板(壁・天井)、
ケヤキの厚板で作った造り付けテーブルは、日に焼けて飴色になったり、暮らしの中で傷がついたりでいい雰囲気です。

本物の木は、経年変化して、いい風合いがでてきます。

時間を重ねるごとに、「材料の良さ」や「職人さんの手間の美」が感じられて、飽きの来ない住宅です。
これから、さらに、どんな風に育っていくかも楽しみです。