【完成から8年経過】 外壁(西側):杉板南京下見張りの様子

【完成から8年経過】 外壁(西側):杉板南京下見張りの様子

竣工当時(8年前の外壁の様子)

8年経過

1枚目の写真は竣工当時のモノ・・・。

8年経過して、イロハモミジもずいぶん大きくなりました。保護塗料の色落ちや剥がれが見られますが、杉板自体の劣化はあまりないようです。

やはり、小さくても屋根によって、直接かかる雨が軽減されているからだと思います。窓の庇(軒の出600mm)やイロハモミジの枝葉などちょっとした条件の違いによっても、板の状態がずいぶん違うことがよくわかります。庇の軒下部分は、やはり経年変化が一番少ないですね。

経年変化を長い間、観察しておくことで、新築の建物に使う場合に、「軒の出」「方角」「廻りの環境」などの条件によって材料がどういう具合に変化していくか、想像できるようになってきます。

WORKS:竣工当時の建物の様子はこちら

独楽蔵(建築設計事務所)ホームページ TOP
その後の暮らし:TOP