埼玉県飯能市の新築木造のクリニック 設計デザイン

小室クリニック(埼玉県飯能市八幡町)

小室クリニックさんは、外来のみならず、訪問診療、訪問看護、訪問リハビリテーション、訪問介護サービスなど多様な医療・介護サービスを提供されている在宅療養支援診療所です。開設以来、現在まで、約180年間7代にわたり、埼玉県西部の地域医療に貢献されてきました。その「医療法人徳明会 小室クリニック」さんの築50年の鉄筋コンクリート3階建ての病院から、木造2階建てのクリニックへの建て替えです。

目 次(クリックすると開きます)

① 医療の側面から創る「地域の新しいひろば」

「カフェのようなクリニックを・・・。」クリニックの建替えにあたって、小室先生がご希望された新しい建物のイメージです。明るくてオシャレな空間にしたいという意味合いもありますが、地域の皆さんや新しい患者さんが、気軽に立ち寄ることが出来たり、志を同じくする医療関係者の方々が集まることのできる広場のような空間を作りたいという強い思いのコトバでした。

② 住みなれた場所で最後まで過ごすことができるように

「小室クリニック」さんは、地域の医療機関、介護施設などと連携を持ちつつ、医療・介護サービスを提供する地域医療の重要な拠点になっています。患者さんやご家族の方々が気楽に、ご相談できる「開かれた施設」であると同時に、地域の皆さんが安心して、住みなれた場所で最後まで過ごすことができるように、医療・介護システムを支える空間として、建物を計画していきました。

③ 飯能らしい木造のクリニック

今回は築50年の鉄筋コンクリート3階建ての病院から、木造2階建てのクリニックへの建て替え計画です。建物の構造は木造を採用しました。患者さんにとって優しかったり、クリニックのある埼玉県飯能市は、森林都市ですし、地域性としてもピッタリです。飯能らしい軒の低い木造2階建ての新しい建物は通りによく馴染んでいます。

また、木造建築には、地産地消、環境負荷の軽減、工期短縮、工費軽減、完成後の可変性などのたくさんのメリットがあります。

これからは、街中で、中高層の木造(耐火仕様の)建築がだんだん増えていくような気がします。未来の建築や街を考える面でも、時代の流れにあった、とても魅力のある工法だと思います。しかし、建物を計画する上で、クリニックを木造にするということは、耐火性、耐震性、法律(建築基準法)、防音製などの観点からクリアしなければいけない問題がたくさんあるということは、いうまでもありません。。

④ 大通りに幅50mのグリーンベルトをつくる

通常、不特定多数の方々が利用する施設や店舗の前面には、通りに面して出入り口や駐車スペースが作られますが、今回の計画では飯能の大通りに面した幅約50mの道路境界の部分には、緑の緑樹帯を設けました。「地域の新しい広場」を建築として具現化するためです。

駐車スペースには建物をくぐり抜けるように進入して、奥に設けました。エントランスも大きな低層部の大屋根の下です。

⑤ 緑を身近に感じることのできるデッキテラス

大通りに面した緑樹帯には、四季を楽しむことのできる様々な植物が植えられています。通りから、または建物の前面に通りと並行に配置したデッキテラスからも触れることができます。

⑥ 建物の中からも庭の緑を楽しむ

建物の南側、デッキテラスに面した待合スペースは、連続する窓から通りの緑を楽しむことができます。西側の大きな円窓からは、薪ストーブ越しに古くからある自宅の日本庭園を見ることができます。

⑦ 薪ストーブのある待合スペース

待合スペースの奥には薪ストーブを設置しました。クライアントの小室先生のご要望です。冬の寒い日は、朝、先生自らストーブに火を付けられているそうです。火のある場所に人は集まりますので、実際に暖かいという暖房機能のほかに、コミュニケーションを促すツールとしての役割を果たしているのかもしれません。

患者さんの中には、ストーブの薪を差し入れに持ってくる方もいらっしゃるとか・・・。さすがに飯能は森林都市ですね・・・。

⑧ 対話の空間としての新しい広場

地方創生の立場から、演出家の平田オリザ氏が、コミュニケーション教育や文化について、いろいろな本を書かれています。「対話の空間として、新しい広場をつくる」「劇場や音楽ホールを単に鑑賞の場とするだけでなく、市民の新しい広場としてとらえ直す。」「貧困の中でも孤立せず、社会と繋がることができる文化による社会包括の仕組みをつくる。」など・・・、現実問題としてその空間の重要性についても言及されています。

これからの地域社会では、様々な分野で「新しい対話の空間」が必要になってくると思いますが・・・、小室クリニックは、医療の側面から創る「地域の新しい広場」ともいえるかもしれません。

KOMUROの「K」を模った木製ドア

⑨ 患者さんとスタッフの導線を分ける

各診療室の間には、患者さんの通路とは別に、先生方や看護婦さんなどのスタッフがスムーズに行き来できるように、専用の通路が作ってあります。

西川材を使った診療室

雨や雪を気にせずにアクセスできるエントランスと車寄せ。大屋根をくぐり抜けると広い駐車スペースが現れます。

⑩ 大通りに建つ建物として夜の風景も考える

クリニックは飯能の大通りに面していますので、診療が終了した夜の時間も、街の風景を彩ることができるように照明計画を考えています。

小室クリニックのイラスト計画案はこちら
その後の暮らし:【完成2年半後の庭】はこちら

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
WORKS TOP

関連リンク(クリックすると開きます)

関連記事:【ナツハゼの紅葉】 飯能の庭づくり
関連記事:【縦樋をデザインする】はこちら
関連記事:【閉店後のディスプレイ:NIGHT FLOWER】店舗設計デザイン
関連記事:【小室クリニック(飯能市)夏の庭】飯能市のクリニックデザイン 2016/07/04
関連記事:【立夏 蚯蚓出(みみずいずる)】クリニック(飯能市)の植栽計画 2016/05/13
関連記事:[木塀(築造約40年)と木塀(新規)のジョイント]飯能市の家づくり 2016/02/13
関連記事:【飯能市のクリニック 待合室:薪ストーブ大活躍!】 クリニック設計デザイン 2016/01/27
関連記事:【小室クリニックさんの内覧会がありました】飯能市 クリニック建築デザイン 2015/12/28
関連記事:【小室クリニックさん(埼玉県飯能市)の内覧会のお知らせ】クリニック建築デザイン 2015/12/17
関連記事:【大通りのグリーンベルト :植樹作業】クリニック設計デザイン(飯能市) 2015/12/15
関連記事:【フローリングの床に見えますが・・・】タイル張りの待合スペース クリニック設計 2015/12/10
関連記事:【建築完了検査&消防検査終了しました!】飯能市のクリニックデザイン 2015/12/08
関連記事:埼玉県飯能市「小室クリニック」の新築現場 『看板取り付け』 2015/11/04
関連記事:「飯能市 小室クリニック」の新築工事現場 屋根工事の様子 2015/10/30
関連記事:【長尺23m:一枚物のガルバニウム鋼板(平葺き)の屋根葺き】飯能市のクリニック新築工事 2015/09/16
関連記事:埼玉県飯能市で「小室クリニック」さんの上棟式がありました。2015/08/23
関連記事:【埼玉県飯能市でクリニック新築の地鎮祭がありました(解体工事の様子)】 2015/06/22