埼玉県富士見市の古民家リフォーム/リノベーション

築40年 入母屋古民家のリノベーション(埼玉県富士見市)

埼玉県富士見市の田園地域に建つ築40年の住宅です。入母屋の瓦屋根の立派な日本家屋を現代の暮らしに合わせて、家族が生活できる住宅にリノベーションしていきます。まずは、既存の住宅の姿から、骨組み(構造)を残しながら、解体工事、基礎や壁の耐震補強を行いつつ、新しい空間を創造していきます。

① リビングを居心地の良い場所に

築40年、日本瓦の入母屋の家は、中央の広い玄関ホールに大きな階段、玄関ホールに面して西側(左側)が、和室の続き間の客間、東側(右側)が応接間と台所という昔ながらのオーソドックスな間取りの家でした。

昔ながらの考えでは、家を訪問するお客様のことを一番大切に考えますので、住宅の一般的な間取りもその考えに従ってできています。陽当たり、通風、眺望などが一番いい場所には、客間が配置してあります。そして、家人の居場所は余った場所、だいたい北隅に台所や居間があったりします。そして、この家の間取りも同じような間取りでした。

核家族化の進んだ現代の暮らしでは、改まったお客様も少ないですし、人寄せの必要もなくなっています。そうなると、普段使っている場所は、暗くて寒い一部の所だけで、部屋の移動もちょっと寒かったりと・・・、使い勝手のバランスの悪い住宅になってしまっています。

② 「客間+広縁」→「リビング」に

今回のリノベーションでは、その一番居心地のいい場所:「客間スペース」にリビングを移動します。家の構造体を丸裸にして、現行の耐震基準に見合うように耐震補強、また、断熱材やサッシも新しくして、居住性も向上させながら、普段の家族の暮らしを、奥の間から陽当たりのいい表舞台へ引っ越しです。

③ 改修前の様子(和室の続き間)

大きな玄関ホールに直線階段、ホールから左に入ると8畳+8畳の続き間になっている客間のオーソドックスなスタイルです。

④ 解体工事の様子(和室の続き間)

建物を解体して、構造体だけになってみると、和室は元々、襖や障子で区切られた空間で、壁がない(耐震性が弱い)ことがよくわかります。ここから、基礎を追加したり耐震壁を増やしたりして、耐震性をあげていきます

⑤ 薪ストーブの脇には、壁を掘り込んで造り付けの薪置き場を

玄昌石の一部を掘り込んで、スチールのバーを流して薪置き場をつくりました。薪がピッタリと収まるサイズです。

⑥ ダイニングの脇は杉の無垢材の使う壁

白いオイルペイントをしたフラットバー(鉄)が交互に並んだ「使う壁」。小さなお子さんのいるご家族は、習字や賞状、写生に工作、給食の献立や連絡網まで・・・飾るモノが盛りだくさん。

⑦ 外部は古いスタイルを残しながら現代的に

外観は、階高が高くて全体的に腰高な印象ですので、既存の大屋根の下に大きな庇を廻して軒を深くし・・・、重心を下げるように心がけました。新たな庇の設置は、既存の屋根がかなり入り組んでいたり、大きな銅製の縦樋が干渉したりで、かなり悩みながら現場で調整。

外壁も下地部分で構造用合板で囲んで、耐震性も確保します。当時の新建材は、今では逆に古さを感じてしまうので、すべて撤去して、オーソドックスなモノにしていきました。

改修前の外観