埼玉県所沢市の木造新築住宅

四角い敷地の四角い住宅が並ぶ住宅街の中の三角形の家

埼玉県所沢市の新築木造一戸建て。四角い敷地の中に建つ四角い住宅が並ぶ住宅街の中の三角形の家です。

目 次(クリックすると開きます)

① 道路と敷地の高低差800mmを利用する

この計画地は、敷地の西側で道路と接していますが、道路との高低差が約800mmあります。しかし、両脇の隣地に見られるような土留めの擁壁はありません。これは、建物の基礎を深く掘り下げて、土留めの擁壁と一体化しているからです。

一体化によって、建物の外側は、道路と同じ高さにすることができます。そのフラットな空間を車2台の駐車スペースとして利用しています。一台は建物に入り込んだインナーガレージです。もう一台は、建物の脇ですが、車の上部は広い空地がありますので、建物を跳ね出して、収納スペース(押し入れ)として利用しています。

インナーガレージの前には遮断機を設置。空地を上手に利用して植栽も植えています。

② 玄関ポーチとガレージを兼用する

インナーガレージは幅を900mm広げて、玄関ポーチを併用しました。アプローチ自体はコンパクトな空間ですが、玄関の前には大きな軒下空間が誕生します。

ガレージの奥は勝手口用のタラップ

③ 敷地の高低差は玄関の中で吸収

この家の特徴は、玄関ドアを開けると内部に5段の階段があること。敷地の高低差を玄関内部で吸収しているからです。階段に沿って窓が段々に並びます。

④ 四角い敷地の三角形のリビング

敷地の対角線上、南に向かってリビングの開口部を設けます。左右引き分け、真ん中がFIXの大きな木製の開口部です。リビングを三角形にすることで、開口部から庭の奥行きが取れますので、敷地の隅まで庭として有効に使うことができます。

隣地の手前の建物と離隔距離も取れますので、たっぷりと採光を確保することができますし、隣の窓から角度も変わって、隣地からの視線もずらすことができる利点があります。

⑤ リビングの一番いい場所に掘り炬燵式のテーブルと上がり座敷を製作

リビングのメインのテーブルは、幅1600mmの大きな掘り炬燵形式。周りは畳の上り座敷になっていますので、高さ的には通常のテーブルを同じ高さになります。

翼を伸ばしたようなリビングの両脇には和室と造り付けの囲炉裏テーブルのあるダイニングスペース

⑦ 食事は気分によって場所を変えて

この家の食事のスペースは大きく分けて3つ。リビングの掘り炬燵と造り付けの囲炉裏テーブル、そして、庭のデッキテラス。囲炉裏テーブルの外は、デッキテラスなので、気軽で庭に出ることができます。

中央に炉を切ったピーラー製の囲炉裏テーブルです。

関連コラム:【家の配置計画が重要!】住宅地の中で、建築家が考える家の間取り

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
WORKS TOP