【築30年の木造住宅の小規模リフォーム】2階の「和室+個室」を3人の子供部屋に改造(入間市)

【築30年の木造住宅の小規模リフォーム】2階の「和室+個室」を3人の子供部屋に改造(入間市)

入間市の住宅街に建つ築30年の住宅の小規模リフォームです。

3人のお子さんの成長に伴って、子供部屋が必要な年頃になってきました。2階の和室(8畳)+個室(6畳)を組み替えて、こどものスペースを作っていきます。

中学生のお姉ちゃん(長女)は個室が必要なので、奥の部屋を4.5畳+収納の個室にしました。小学生の次女と長男くんは、まだ、個室に区切らずに、とりあえず約9畳+収納スペースを2人で使います。

和室→洋室の変更に伴って、障子と長押の取り外しも考えましたが、障子は、断熱や多少の消音効果もありますし、長押は、モノを掛けたり、飾ったりできるので残しました。(解体部分も少なくなりますし・・・)

障子は白く塗装した上に、ワーロン(特殊強化障子紙)を張りました。小さい方の障子は奥さんががんばって、張ってくれるそうです。

木造住宅のリフォーム工事中(和室+押入れ+個室)だった状態

関連ブログ:【築30年木造住宅のリフォーム(入間市)】兄弟の子供部屋をつくる 2021/08/07
関連ブログ:【庭のリフォーム】設計事務所のガーデンデザイン 2021/05/17

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
WORKS TOP