【この物語の家族が暮らすような家をつくっていきたい!】庄野潤三さんとその家族

この物語の家族が暮らすような家をつくっていきたい!

庄野潤三さんとその家族

何も大きな事件は起こりませんし、登場人物も場所も変化しません。

三冊の本とも作者の庄野潤三さんとその家族をモデルにした、
丘の上の新しい家に住む家族の話。

何も大きな事件は起こりませんし、登場人物も場所も変化しません。

主人公は家族とその廻りのひとたち・・・。
あるのは、平凡な家族の日常や会話だけです。

「庭にどんな樹を植えようか?」考えたり、
ムカデに刺された話や毛虫の話。
夏休みの宿題や運動会など学校や行事の話。

「どんな梨がおいしいのか?」考えたり、
お姉ちゃんの結婚の話など・・・。

何も特別なことは起こりませんが、
どの話も、その土台となるのは、
家や雑木林、学校、道などの日常の暮らしの場所やその季節で、

それがいかに大切で愛しいモノなのかがよくわかります。

この本は、家族の暮らしがすべて。

そして、それさえあれば、人生それだけでいいではないかと思えてきます。

お父さん、お母さん、お姉ちゃん、兄、弟の5人家族。
お父さんが家でお仕事をしていることもあってか、
みんなそれぞれよくしゃべりますし、
お互いが相手の話をよく聴いています。

とりとめのない家族の会話から生まれる幸せの普遍性。

住宅を設計する上で「こういう家族に寄り添う家」いや違いますね・・・。

暮らしていると自然に、
「この家族のような会話や関係性」が生まれるような家、
家族の器としての家を、作っていけたらいいなぁ〜と思います。


関連記事:【小説家 庄野潤三さんの自邸「山の上の家」に行ってきました!】
関連記事:『庄野潤三の本 山の上の家』家族と家について

独楽蔵ホームページTOP