google-site-verification=RB_w4ef3SXJJEi-9-k0M8x7-c_pO4fsLtCJ6THkgXI8

小説家 庄野潤三さんの自邸「山の上の家」に行ってきました!

小説家 庄野潤三さんの自邸「山の上の家」に行ってきました!

今日は、年に2回の【小説家 庄野潤三さんの自邸「山の上の家」】の公開日だったので、川崎の生田まで行ってきました。

急勾配の坂を登っていくと山のてっぺんに、道路までたくさんの人が溢れている家があって、すぐに場所がわかりました。庭や家の中も、たぶん読者だと思われる方でいっぱいです。(ご近所さんも来ていらっしゃる様子でしたが・・・)

あまり人がいなくて、静かな様子を想像していたので、ちょっとビックリ。みなさん思い思いに、本の話をされていたり、家や調度を見て昔話をされていたり、とても賑やかです。

庄野さんと奥様は、残念ながらすでに他界されていますが、「山の上の家」は大切に残されていました。今日は、小説のモデルとして登場する、長男の龍也さんや長女の夏子さんが、気さくにいろいろとお話をしてくださいました・・・。さすがに明夫と和子!(小説内の名前です)やはり、みなさんお話がお上手で、たのしい。

小説の中の家族の会話を思い出しながら、家の中を歩き回ります。家は木造の平屋。思ったよりもコンパクトですが、建築家が設計した家だけあって、家具の大きさや配置が意識された寸法で収まっています。家の中で、一番広い部屋は書斎。玄関のすぐ脇にあって、陽当たりのいい南向きの部屋です。庭もきれいに見えるので、確かに仕事もはかどりそうな気がします・・・。やはりこの部屋が家の中心的な感じです。

山のてっぺんなので、家が出来た当時(1961年頃)は、周りの風景もきれいに見渡せたんじゃないかなぁ〜。