埼玉県坂戸市の築120年の蔵のリフォーム/リノベーション

蔵に住む!【築120年 蔵リノベーション】坂戸市

埼玉県坂戸市の古い街道沿いに面したこの敷地は、代々受け継がれてきた場所です。その広い敷地の中には、母屋や納屋、車庫が点在して、通路や庭の草木も綺麗に管理されています。昔ながらの屋敷の風景がそこに生き続けていて、それでいて現代にあった暮らしが営まれています。今回、敷地の整備の一環として、この蔵の空間を、『モノの保管空間』から、人が住むことの出来る最小限の『居住空間』にリノベーションすることになりました。

① 蔵(モノの保管空間)から、人が住むことのできる『居住空間』にリノベーション

広い屋敷の中、母屋の西側に建つ蔵は、敷地内のそのほかのどの建物よりも長い歴史のある建物で、明治時代に建てられた推定、築120年。先代、先々代の荷物がずっと保管されていた場所。ずっとこの場所で暮らしているご主人にとっては、暗くて何が仕舞われているのかわからないし、ずっと昔の子ども時代にお仕置きで閉じ込められたりした記憶も残るちょっと怖い空間だそうです・・・。

その怖かった記憶を払拭出来るような、さらにずっとそこに居たくなるような居心地のよい空間を目指します。古い建物で、もちろん図面などもありませんので、リノベーションの手始めは、建物の実測から、現状の図面をおこすことから始まります。部屋の広さ、柱や梁の位置や高さなど、細かく図面にしていきます。

蔵(モノの保管空間)から、人が住むことのできる『居住空間』にするために、現状で足りないモノは、キッチン・洗面・トイレ・シャワーなどの水回りスペースや設備です。水回りスペースは新しく増築する部分に集中させて、蔵の内部空間は、居住空間のみに限定する平面計画を考えました。

増築部分:キッチンの反対側・ダークグレーの扉の奥は、洗面・シャワーブース・トイレなどのコンパクトな水回りスペースになっています。右手は蔵内部へのアプローチ。

② リノベーションにあたっては、現存の蔵の外観を損ねないように

せっかく、蔵を残すのですから、外観や蔵の雰囲気を損ねては仕方ありません。外観は、昔ながらの造形を生かすために、増築部分を小さく納めました。採光や通風のための窓も新たにほしいところですが、空間の雰囲気や耐震性、壁の補修費用なども考慮して、開口部は現状のままで計画することになりました。

なるべく今ある蔵の外観を損ねないように、増築が必要になる部分は、既存の蔵の出入り口部分に張り出す、下屋根の軒下より低い部分に抑えるようにしました。既存の下屋根は、元々、低く出来上がっているため(2100mm程度)、現場では、さらに下に収めるのが、なかなか難しいところでした。屋根部分は、なるべく薄く仕上げるために鉄骨をパネル上に組み上げています。内部の天井高もギリギリの寸法だったので、既存の瓦屋根を1列だけカットして、数センチだけは天井高に余裕を持たせています。

工事中、現場で苦労した縦樋&横樋の収まりについて
関連ブログ:『Simple is best』は難しい。縦樋&横樋の収まりについては、こちら

完成後の動画はこちら

③ 「住む」ために必要な水回り(キッチン・洗面・トイレ・シャワー)

「蔵」にはなく、「住む」ための空間に必要なスペースや設備は、キッチン・洗面・トイレ・シャワーなどの水回り部分。先程の開口部の話と同じように、蔵の土壁に穴はなるべく開けたくありません。

また、水回り特有の湿気や、設備の配管経路やメンテナンスの面などを考えても、蔵の内部に水回りスペースを作ることは得策ではないと考えました。水回りスペースは新しく増築する部分に集中させて、蔵の内部空間は、居住空間のみに限定する平面計画を考えました。

白いモザイクタイルの洗面台。そのコンパクトな洗面所から左右に振り分けて、シャワーブース&トイレがあります。制作の木製引戸もダークグレーに塗装。金物も同色でこだわっています。

④ 蔵の内部は、湿気対策&蔵の要素を残しながらリノベーション

蔵の内部空間で特徴的な梁と柱の意匠は残しつつデザイン。壁は、元々土壁でしたが、耐震補強も兼ねて、柱と柱の間に9mmの構造用合板を張りました。杉の薄い荒板だった天井も、垂木の意匠は残しながら、構造用合板で固めて、黒く塗装を施しました。

元々、蔵戸を跨いで一段下がった部分にあった床は土間でしたが、周りの地面から湿気を呼び込んでいました。防湿シートを敷き込んで、コンクリート土間にした上で、板張りにしました。蔵の力強さに負けないように幅150mmの杉の無垢板を張ってあります。もちろん、入口との段差をなくすために蔵戸の高さに合わせてあります。床下ができたことで、蔵の内部に電気の配管スペースも確保することができました。

①基礎工事の防湿シート、コンクリートの様子はこちら
②内装工事の様子はこちらの関連ブログで・・・こちら
③設置した電動スクリーンの可動の様子はこちら

蔵の内部から新規増築部分を見る。既存の蔵戸を補修、調整(サイズ変更)をして、再利用。開閉をスムーズにするためにステンレスのレール(Uステンレール)に変更。床の高さに合わせて、高さの寸法の調整をしました。エアコンの効きをよくするために、細かな格子部分には、元々なかったガラスを入れてあります。

⑤ 2階の居住性を上げるために、既存の箱階段から緩やかで登りやすい階段に付け替え

蔵の階段は、大概、「はしご」のような箱階段です。角度が急で、日常的な上り下りには不便ですし、モノを抱えて運ぶことも難しいです。昔の人は、蔵の2階にタンスや荷物などよく上げたなぁ〜と感心してしまいます。

蔵を居住空間として利用するためには階段の付け替えは必須だと思います。階段を付け替えるためには、元々の登口では小さくて足りないので、新たに床に穴を開ける必要があります。階段を計画するにあたって、考慮したことは下の3つ。

① 既存の梁を抜いてしまうのは、構造的に禁じ手だと思いますので、梁を痛めない場所
② 居住空間の邪魔にならない場所で、階段の存在があまり目立たないように
③ 1階と2階を繋ぐ導線的に優れた場所

間仕切り壁の裏側に階段を設置。階段の段板は床に合わせて杉の無垢材を使用。

⑥ 小屋梁の低い2階はタタミで床使いに

2階の窓は、既存の1つだけ。薄暗い空間をあえて楽しんでもらいます。蔵の内部空間で象徴的な小屋の梁組み、これを残して活用するのが蔵を再生する大きな理由の一つだと思います。

とても存在感のある2階の小屋梁ですが、一番の難点は高さが低くて頭にぶつかりそうになることです。梁の高さを変更することは出来ませんので、変えるのは使い方の部分になってくると思います。

使い方の解決策としては、床使いをして空間の重心を下げること。そのために床は畳にして、座敷の空間にしました。足音や物音など、1階へ伝わる音も軽減してくれる効果も期待できます。

2階の床は畳と杉板(無節)の無垢材

⑦ リノベーション工事前の蔵の様子

リノベーション前の蔵は、壁の土壁が所々、剥がれて、階段も角度が急勾配な箱階段でした。軒下を作っている下屋根と丸桁は、完全な外部空間です。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
WORKS TOP

その後の暮らし:「蔵で暮らす」築120年目のリノベーション(坂戸市)竣工から約半月
イラスト計画案:【蔵のリノベーション】収納のスペースから居住空間に(坂戸市)コンセプトイラスト

関連リンク(クリックすると開きます)

関連ブログ:蔵に住む!「蔵のリノベーション」完成まで約1週間 2020/12/18
関連ブログ:【蔵のリノベーション】内部 ペンキ仕上げ 2020/12/16
関連ブログ:『Simple is best』は難しい。縦樋&横樋の収まり 2020/12/13
関連ブログ:坂戸市の『蔵』リノベーション 内部の造作あれこれ 2020/12/08
関連ブログ:蔵のリノベーション:内部壁/天井 シナ合板 目透かし張り 2020/11/24
関連ブログ:【蔵のリノベーション】施工現場:木工事の様子 2020/11/08
関連ブログ:「保存空間→居住空間へ」蔵のリノベーション(ちょっと増築)坂戸市 2020/11/01
関連ブログ:【蔵のリノベーション】収納のスペースから居住空間に(坂戸市) 2020/10/09
関連ブログ:【居住空間にするための蔵のリノベーション】内部の片付け(坂戸市) 2020/10/04
関連ブログ:【蔵のリノベーションのための現場調査】設計事務所の家づくり 2020/06/11

関連動画:完成後 「蔵に住む PART1」(築120年の蔵リノベーション)(前面増築部分) 2021/01/11
関連動画:完成後 「蔵に住む PART2」(築120年 蔵リノベーション 1階内部) 2021/01/11
関連動画:完成後 「蔵に住む PART3」(2階部分)築120年「蔵」のリノベーション 2021/01/11

関連動画:【蔵のリノベーション】内部にプロジェクター用の電動スクリーン設置 2021/01/09
関連動画:蔵に住む!「蔵のリノベーション」増築部分(水廻り)工事中 2020/12/20
関連動画:蔵で住む!【蔵のリノベーション】 内装ペンキ仕上げ 2020/12/16
関連動画:蔵のリノベーション 外装工事&内部造作工事 2020/11/28
関連動画:蔵のリノベーション 内部壁:シナ合板 9mm 目透かし張り 2020/11/23
関連動画:【蔵のリノベーション 内部木工事の様子】埼玉の設計事務所の建築現場(坂戸市) 2020/11/08
関連動画:【蔵を居住空間にリノベーション】木工事の様子 2020/11/01
関連動画:【蔵を居住空間にリノベーション】(増築躯体工事)埼玉の設計事務所の家づくり 2020/10/25