【蔵のリノベーション】収納のスペースから居住空間に(坂戸市)

【蔵のリノベーション】収納のスペースから居住空間に(坂戸市)

広い敷地の中で、母屋の脇にひっそり建っていた「蔵」。先々代の時代から荷物や道具などが、保管されていました。中には何十年開けたことのない謎の箱や、造り付けの押入には着物やお布団なども・・・。

今回は、この敷地全体の整備の一つとして、蔵の利用価値を見直しすることになりました。まずは、中に保管されていた荷物を整理して、空っぽにするところから・・・。

新しくする蔵の内部は、床や階段を付け替えて、1、2階とも居住スペースに改装します。蔵の手前の下屋根スペースを若干、増築して、「キッチン」+「ダイニング」+「シャワー」+「洗面」+「トイレ」をつくっていきます。「蔵」の内部とそれに付随した増築スペースで、完結する住空間をつくるプロジェクトです。

工事は、蔵前増築部分の基礎コンクリート工事から。基礎コンクリートを打設するために、下屋根の丸桁(まるげた・がぎょう)を支えていた既存の柱も撤去して、仮設のサポートで支えている状態です。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
ブログ TOP

関連記事

「暮らし相談デスク&暮らしのブーケ」2/26(土) 11:00~18:00(飯能市:refactory_antiques)

「暮らし相談デスク&暮らしのブーケ」2/26(土) 11:00~18:00(飯能市:refactory_antiques)の画像

「暮らし相談デスク&暮らしのブーケ」2/26(土) 11:00~18:00

前回の1月の「暮らし相談デスク」は、店内に@lamontagneflowerさんの提案する「暮らしブーケ」が飾られていて、とてもいい雰囲気でした。華やかすぎないブーケは、季節を先取りするアイテムとして、男性の部屋にも、とても似合うと思います。数量限定のブーケは、前回、午前中で全て売れてしまったので、ご購入ご希望の方は早めに来店されたほうがいいかもしれません。

日高市の築80年の古民家を残しながら使い続けるための既存建築の調査

日高市の築80年の古民家を残しながら使い続けるための既存建築の調査の画像

日高市の築100年の古民家を残しながら使い続けるための既存建築の調査

日高市の大きな幹線道路沿い、元々古い集落の中に建っている築100年の古民家です。現在も住宅として使われ続けているいますが、家族の歴史や思い出のある建物をこれからも残していくために、現状の建物の状態の調査と現況図面を作成するための実測を行いました。

【AIR(アート・イン・レジデンス)と老人福祉】東松山市の木造新築デイサービス施設デザイン

【AIR(アート・イン・レジデンス)と老人福祉】東松山市の木造新築デイサービス施設デザインの画像

【AIR(アート・イン・レジデンス)と老人福祉】東松山市の木造新築デイサービス施設

昨年の年末、東松山市の医療法人社団保順会さんが独楽蔵のアトリエに来られました。以前から法人で運営されていたデイサービス施設を移転して新築するための相談で、その打ち合わせの会話の中で出たコトバが「AIR」でした。