【居住空間にするための蔵のリノベーション】内部の片付け(坂戸市)

【居住空間にするための蔵のリノベーション】内部の片付け(坂戸市)

蔵のリノベーションの現場です。居住空間として利用するために増築を含めた蔵の改修計画です。

工事の開始のために、まずは、内部の片付けから・・・。古い荷物や道具、家具などで溢れていた内部も、お客さんや施工業者さんのご協力ですっかりキレイになりました。

所々しか確認出来なかった柱や壁もすべて確認出来るようになりました。年代はわかりませんが、1階部分の柱の根元は、ほとんどの柱が根継ぎ(ねつぎ)でキレイに補修されています。補修されてからの柱の状態は良好なようです。

しかし、現在でも梅雨や雨が続く季節は、土間の部分に湿気を感じますので、1階部分に関しては湿気対策が重要な問題になります。2階部分の構造材は問題なさそうですが、2階は天井部分の断熱が問題でしょうか・・。
来週からいよいよ工事が始まります。