築100年 切り妻平屋の日本家屋 リノベーション

築100年 切り妻平屋の日本家屋 リノベーション

狭山市に建つ民家のリノベーションです。
計画前に小屋裏を調査した際に棟札を発見して、正確な築造年数がわかりました。
建物は狭山茶のお茶屋さんを営んでいた建築主の祖父が、大正 9年4月に建てた平屋の日本家屋。
昭和13年に屋根を瓦に葺き替えて、増築もされているようです。

約100年前の建物なので、もちろん基礎も断熱材も構造壁もありません。
リノベーションにあたっては、間取り以前に、現在の建築基準に合わせて
耐震性、耐久性、断熱性を確保することを目指しました。

具体的には、建物の外周に新たにコンクリートの基礎を増設
建物全体を基礎や新しい柱、梁、壁で包むことによって、耐震性・耐久性の向上を目指します。

間取りについては、オーソドックスな「土間+和室(8畳+8畳)の間取り」を現在の生活に合わせて、再考します。
家の一番居住性のいい場所は、元々、客間や広縁だったトコロ。
この部分にリビングを配置して計画していきます。

漆喰の上塗り作業(工事中)の様子はこちら→

関連記事:【黒光りしている既存の木部、新たな白木。】「新旧 木部の対比」

関連記事:【ハンターストーブ ヘラルド8】設置
関連記事:【家づくり:薪ストーブの設置場所をどう決定するか?】(リノベーションの場合)
関連記事:【薪ストーブの選定は、車選びに似ている(私見ですが・・・)】はこちら→

大黒柱(ケヤキ)の埋木

【昔の家を直して使う】(室内の高さの問題について)
昔の家は基本的に和室ですから、部屋は障子や襖で区切られています。尺貫法でつくられていますので、大体高さが決まっています。畳は寸法の取り方によって、京間や江戸間など、サイズが違いますから、建具も全国的に同じがどうか定かではありませんが、この辺りの地方は大体、高さ1760mm。ほとんどが5尺8寸です。昔の日本人は、総じて身長が低かったらしいので、それで問題がありませんでしたが、現代では大問題。180cmを超える人は普通ですからね・・・。新しく家を造る場合も、ドアや開口部は、やはり2mが基本です。
続きはこちら→

昔の家は、玄関土間と座敷の段差が500mm程度あるので、式台を設置。続きはこちら→

【昔から使っていた千本格子の建具をリメイクして使う】はこちら→

築100年の空間に負けないように、ダイニングテーブルのペンダントライトも約60年の歴史のあるクラシックのスタンダード、ルイスポールセンのPH5に。色は2018年から加わった新色、ブルーグラデーションです。ライトが点灯しているときも、明かりがついていない時も絵になります。漆喰の白と古材のダークブラウンの空間にも、よく似合います。

関連動画:【初めて薪ストーブ(ハンター社:ヘラルド8)を燃やしながら、取り扱い説明】
関連動画:【平屋の切り妻 築140年の古民家の改造:アプローチから土間玄関、リビングへ(狭山市)】

関連記事:【築100年でリノベーションした日本家屋】完成引き渡し後、約3週間。
関連記事:【家を住み継ぐ】
関連記事:【古い家の千本格子を家の表舞台に・・・】
関連記事:【現在、塗装中。静かな現場】
関連記事:【築100年 この家の改造 耐震補強について(筋交い)①】
関連記事:【築100年 この家の改造 耐震補強について②】
関連記事:【築100年 この家の改造 耐震補強について(基礎編)③】
関連記事:【築100年 この家の改造 耐震補強について(解体編)】④
関連記事:【築100年 解体工事・元々の建物の様子】⑤
関連記事:【調査に入った小屋裏から、98年前の棟札が出てきました】

関連記事:【小谷田(こやた)の瓦】築100年の日本家屋に葺いてあった瓦のお話
関連記事:【リノベーションのため 築100年の日本家屋の小屋裏を調査(狭山市)】

WORKSインデックス
独楽蔵ホームページTOP

外壁 リノベーションの様子 コチラ→