埼玉県狭山市/入間市の古民家リノベーション/リフォームは建築設計事務所・独楽蔵へ

【古民家フルリノベーション】(昔の家の天井高の問題について)

この家の完成した紹介ページはこちら

古民家(昔の家)は基本的に和室で構成されていますので、部屋同士は、壁が少なく、障子や襖などの木製建具で区切られています。建具の上部の鴨居は、長押(なげし)や「差鴨居(さしがもい)」になっていて、その高さは、尺貫法でつくられていますので、大体高さが決まっています。

畳は寸法の取り方によって、京間や江戸間など、サイズが違いますから、建具も全国的に同じがどうか定かではありませんが、この辺りの地方(関東地方)は大体、高さ1760mm。ほとんどが5尺8寸です。昔の日本人は、総じて身長が低かったらしいので、それで問題がありませんでしたが、現代では大問題。180cmを超える人は普通ですからね・・・。新しく家を造る場合も、ドアや開口部は、やはり2mが基本です。

古民家の天井高を確保する

ですから、古い家をリフォームやリノベーションして新しく直すときは、その鴨居の高さ:1760mmが大きな問題になってきます。普通の鴨居であれば、解体して取り外してしまえばいいのですが、古くて立派な家になるほど、鴨居が「差鴨居(さしがもい)」になっている場合が多いんです。「差鴨居(さしがもい)」とは、柱にホゾ差しで組み込まれている幅広の太い鴨居のこと。梁のような構造体の一部になっているので、構造的にも重要ですので、簡単に取り除くわけにはいかないんです。それ自体を残して見せることが、古い家を直す意味でもありますし・・・。

従来の床を下げる

高さを確保する解決法の一つは、逆に床を下げてしまうことです。昔の家は床が地面より、かなり高く造ってありますので、可能な場合が多いです。写真の家も、床を150mm程度下げました。玄関土間からの上がり框も低く抑えることができるので、一石二鳥です。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、庭づくり、古民家や中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。また、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

WORKS:この家の完成した様子はこちら→【築100年 切り妻平屋の日本家屋】 リノベーション

その後の暮らし:築100年の古民家リノベーション(竣工後1年半)狭山市
その後の暮らし:築100年の古民家:リノベーション後の家族の食卓(竣工後半年経過)
その後の暮らし:築100年の古民家を改造した住宅に、薪ストーブの取扱説明に・・・(引っ越し後、約3ヶ月)

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
WORKS TOP

関連リンク(クリックすると開きます)

関連動画:【初めて薪ストーブ(ハンター社:ヘラルド8)を燃やしながら、取り扱い説明】
関連動画:【平屋の切り妻 築140年の古民家の改造:アプローチから土間玄関、リビングへ(狭山市)】

関連記事:【築100年でリノベーションした日本家屋】完成引き渡し後、約3週間。
関連記事:【家を住み継ぐ】
関連記事:【古い家の千本格子を家の表舞台に・・・】
関連記事:【現在、塗装中。静かな現場】
関連記事:【築100年 この家の改造 耐震補強について(筋交い)①】
関連記事:【築100年 この家の改造 耐震補強について②】
関連記事:【築100年 この家の改造 耐震補強について(基礎編)③】
関連記事:【築100年 この家の改造 耐震補強について(解体編)】④
関連記事:【築100年 解体工事・元々の建物の様子】⑤
関連記事:【調査に入った小屋裏から、98年前の棟札が出てきました】

関連記事:【小谷田(こやた)の瓦】築100年の日本家屋に葺いてあった瓦のお話
関連記事:【リノベーションのため 築100年の日本家屋の小屋裏を調査(狭山市)】

関連記事

【日高市高麗川の築100年古民家リノベーション】玄関土間部分の工事

【日高市高麗川の築100年古民家リノベーション】玄関土間部分の工事の画像

【日高市高麗川の築100年古民家リノベーション】玄関土間部分の工事

日高市高麗川の築100年の古民家リノベーションの現場です。18畳ほどある広い土間空間は、そのままの間取りや古材の素材感を生かしつつ、きれいに化粧直しをしていく予定です。

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーションの画像

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。ロードサイドによくある店舗や倉庫、オフィスなどが建ち並んでいます。道の向こうは東京都。真っ赤な背景に白文字の飲食店、南京亭が目立っています。こっちは白黒で会社のロゴをデザインしたシンプルな看板です。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション中。

【深谷市の築50年 木造平家の一軒家をリノベーション】解体作業

【深谷市の築50年 木造平家の一軒家をリノベーション】解体作業の画像

【深谷市の築50年 木造平家の一軒家をリノベーション】解体作業

残りの半分のスペースは住居スペースに改造していきます。まずは解体工事から。不要な壁や天井を解体していきます。壁のパネルを取り外すと中から土壁が現れました。この建物の新築当時のモノだと思われます。土壁の下地に使う細い竹の竹小舞も見ることができます。