埼玉県狭山市の古民家のリノベーション/リフォームは建築設計事務所/独楽蔵へ

【家を住み継ぐ・古民家リノベーションのススメ】昔の材料を大事に使う(狭山市)

陶磁器のヒビや欠けに新たな価値を見いだす「金継ぎ」。思い出のある衣服を、世代を超えて大事に残しながら使う「継ぎ接ぎ」。古いモノを大事に扱っていく行為は、そのモノの価値に加えて、その思い出や歴史が暮らしを豊かにしてくれます。

古民家や中古住宅も同様に、柱や梁の、「ほぞ穴」や「欠け」などを直しながら、大事に使い続けていく、「住み継ぎ」の暮らしも、とてもたのしい行為であると思います。これから、そういう家が増えて、より一般的になっていくといいなぁ〜と思いますし、サスティナブルな時代の流れに合っているように感じます。

そのためには、家自体が、無垢材や自然素材などの、直す価値のあるホンモノの材料で出来ていなくては、意味がありません。そういう家づくりをこれからも作っていきたいと思う今日この頃。

写真は、ケヤキの大黒柱に、同じケヤキの材料を、ヒノキの床柱にはヒノキの材料を埋木。こちらは指示をしていませんでしたが、大工さんが考えながら作業をしてくれました。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、古民家や中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

完成したこの住宅の様子はこちら↓
WORKS:品格と寛ぎが調和する古民家リノベーション〜築100年 切り妻平屋の日本家屋を現代住宅にリフォーム〜(埼玉県狭山市)

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

3月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』は3/3(日)桃の節句

3月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』は3/3(日)桃の節句の画像

3月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』は3/3(日)桃の節句

REFACTORY antiquesの店舗で毎月開催の企画「have a LIFE day」。身近な暮らしや家族について考えたり、会話をしたり、地域の繋がりや、ものづくりに出逢う場所として、みなさんと共有できたらいいなぁと考えて開催しています。3月の「have a LIFE day」は、来週の3/3(日)10:00~17:00開催。

2月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』が終了しました。

2月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』が終了しました。の画像

2月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』が終了しました。

REFACTORY antiquesの店舗で毎月第1土曜日開催の企画「have a LIFE day」。身近な暮らしや家族について考えたり、会話をしたり、地域の繋がりや、ものづくりに出逢う場所として、みなさんと共有できたらと考えて開催しています。2月の【have a LIFE day】。暦は、ちょうど立春で、新しい年、早春を感じるような明るい日差しの中、たくさんのお客さんにおでかけいただき、ありがとうございました。

【子どもの頃に感じた家の記憶】帰省した友人の家で

【子どもの頃に感じた家の記憶】帰省した友人の家での画像

【子どもの頃に感じた家の記憶】帰省した友人の家で

玄関の薄暗くて張り詰めた空気や、廊下のよく磨かれた床板(松の柾目)の光の反射、中庭から見える雪やワンコが吐く白い息。奥の台所で料理をつくるお母さんの笑い声や、布団を取りに何度も登り降りした急な階段。この家の空間と、その時、感じた五感は、鮮明に残っていて、たくさんの思い出と直結しています。