家を住み継ぐ

家を住み継ぐ・リノベーションのススメ

陶磁器のヒビや欠けに新たな価値を見いだす「金継ぎ」。
思い出のある衣服を、世代を超えて大事に残しながら使う「継ぎ接ぎ」。
そのモノの価値に加えて、その思い出や歴史が暮らしを豊かにしてくれます。

同様に、古い家の柱や梁も、「ほぞ穴」や「欠け」などを直しながら、大事に使い続けていく、
「住み継ぎ」の暮らしも、とてもたのしいものであると思います。
これから、そういう家が増えて、より一般的になっていくといいなぁ〜と思います。

そのためには、家自体が、無垢材や自然素材などの、直す価値のあるホンモノの材料で出来ていなくては、意味がありません。
そういう家づくりをこれからも作っていきたいと思う今日この頃。

写真は、ケヤキの大黒柱に、同じケヤキの材料を、ヒノキの床柱にはヒノキの材料を埋木。
こちらは指示をしていませんでしたが、大工さんが考えながら作業をしてくれました。