埼玉県狭山市の木造住宅リフォーム/リノベーションの現場

まずは足下から・・・狭山市 築100年日本家屋のリノベーション

新規のコンクリート基礎で建物の耐震性をUP

狭山市 民家(木造平家建て)の改造(リフォーム/リノベーション)の現場です。建物の骨格だけを残して、新しくリノベーションするためには、まずは基礎部分(足下から)・・・。

約100年前の建物なので、もちろん基礎はありません。建物の外周部分や新たに壁になる部分にコンクリートの基礎を作ります。建物全体を基礎や新しい柱、梁、壁で包むことによって、耐震性・耐久性の向上を計ります。

元々あった土台をコンクリートで埋めてしまわないように高さを調整します。基礎が終了するといよいよ大工工事。解体して、初めてわかる部分もありますので、現場で臨機応変に変更をしながら進める改修の現場は、やはり時間がかかります・・・。