google-site-verification=RB_w4ef3SXJJEi-9-k0M8x7-c_pO4fsLtCJ6THkgXI8

【築100年の民家の改造】 解体工事が始まりました。

【築100年の民家の改造】 解体工事が始まりました。

埼玉県狭山市で、民家のリノベーション工事中です。床、天井、サッシ、建具などを解体されて、家が建てられた時代の構造体(骨組み)の状態になりました。

これから、材料の欠損や痛み具合を確認しながら、耐震補強や断熱材を施し、現在の基準に見合った新しい暮らしのカタチに仕上げていきます。