【リノベーション&リフォームの胆(きも)は「ガマンの為所(しどころ)」】埼玉の家づくり

【リノベーション&リフォームの胆(きも)は「ガマンの為所(しどころ)」】埼玉の家づくり

基本的に作業に関わる職種が増えると、工事金額が増える傾向があります

リノベーションやリフォームをする際に、自分の希望ややりたいことを積み上げていくと、予算的にも金額がどんどん増えてしまう傾向にあります。計画を進める際は、最初に大まかな予算を決めて、自分が何をしたいか明確にして、優先順位をたてることが大事です。お客さんが希望するリフォームを項目別に分類していくと、たぶん次のように分けることができます。

こんな感じで、ご自身の頭の中を整理しておくと、工事の優先順位を決めやすいのでは・・・、と思っています。

① 局所のインテリアを充実させたい(リビング、キッチン、お風呂など・・・)

② 地震が心配なので、家の耐震性をUPしたい

③ メンテナンスの理由(屋根や外壁、外廻りの劣化など)

④ 家自体の快適性を上げたい(「寒い」、「熱い」、「カビっぽい」など、気になる部分がある)

⑤ 家族の生活に合わせて、大々的にプランを変更したい

⑥ 今の生活にプラスの部分がほしい(増築やコテージなど・・・)

優先順位が決まってくると、自分の中で「ガマンの為所(しどころ)」の線引きが必要になってきます。ここのラインが重要です。みなさん、予算は限られていますので、ここでずいぶん違ってきます。

また、工事はいろいろな業種の職人さんが関わります。

大工さん、電気屋さん、設備屋さん、家具屋さん、板金屋さん、タイル屋さん、内装屋さんなど・・・、基本的に作業に関わる職種が増えると、工事金額が増える傾向があります。ですから、大工さんだけ、電気屋さんだけで済むのなら、なるべくそのほうがいいのです。

そういう方向から考えても、優先順位が考えやすいかもしれませんね。

本当は、折角直すのであれば、将来的にメンテナンスの費用や日々のランニングコストがかからないように、屋根、外壁、サッシ、断熱材、耐震壁を良くしたいですが、そうなるといろんな職人さんが関わりますし、家全体に渡った作業になりますので、ここも「ガマンの為所(しどころ)」見極めが大事です・・・。

独楽蔵(建築設計事務所)ホームページ TOP
コラム TOP