埼玉県日高市/入間市の新築木造住宅/リフォームは建築設計事務所/独楽蔵へ

【夜の風にあたる「寝かしつけ」のバルコニー】家づくりその後

我が家には2階部分に、小さなウッドデッキがあります。洗濯物や布団を干したり、ちょっと家族で遊べるスペースとして考えていました。しかし実際に住んでみて、設計した時には想像しなかった、素晴らしい利用法が見つかったのです。それは当時赤ちゃんだった息子の、真夜中の寝かしつけでした。

深夜、いつものように部屋の中を歩き回ってみても、なかなか泣き止まない息子を抱きながら、思い立ってデッキに出てみました。なかなか、いい風が吹いています。川の音も、よく聞こえます。少し目が慣れてくると、暗闇のなかに木々がザワザワと揺れているのがわかりました。

すると息子が気持ちよさそうにあくびをしたり、ゲップをしたりしながら、フワッと眠りの世界に入っていくのです。しめしめ、とうとう寝たな、とほくそ笑みながら、見上げた空にひろがった星々の美しさを、今でも時々思い出します。息子もすっかり大きくなって、もちろん寝かしつけは必要なくなりました。でも、途方に暮れたあの夜に、デッキで一緒に感じた心地良さを、記憶のどこかに残してくれていたら、と思います。

writing:maiko izumi

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、古民家や中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

関連コラム:【それぞれの、ふるさとをつくる】
関連コラム:【暮らしの数だけ、キッチンがある】
関連コラム:【多様な家族のカタチがあるように、家づくりも柔軟に】
関連コラム:【ペットと暮らす家づくり】
関連コラム:【家づくりをめぐる奇跡】それぞれの自分の居場所

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
コラム TOP