千葉県柏市の築32年、木造住宅のリフォーム/リノベーション

築32年の木造一戸建て住宅をリフォーム(柏市)

話の始まりは、ご家族が独楽蔵のアトリエに住宅の相談に来られたことから始まります。独楽蔵の建築のことは、ご主人が学生の頃(約20年前)からご存知だったそうで、自分が家を建てることになったら、相談に行こうと思ってらっしゃったそうです。

ご家族はご夫婦と小さなお子さん2人の4人、子育て世代のご家族です。現在は江東区の賃貸マンションに暮らしていて、いずれは、船橋や津田沼など、東京寄りの千葉方面で一戸建ての住宅に住み替えたいとおっしゃっていました。具体的な敷地などは、まだ、決まっていませんでしたので、木造新築の場合や中古住宅のリフォーム、リノベーションの場合のおおまかな総工費や、建築の流れなどをご説明しました。

打ち合わせの途中で思い出しました!そういえば、千葉県柏市にちょう、32年前に独楽蔵で設計した家が売りにでているなぁ〜と。新築にするか、中古物件にするかもまだ決まっていないお客さんですが、独楽蔵の住宅にはご興味がおありでしたので、「今、柏市で32年前に設計した家が売りに出ているんですけど、ちょっと遠いですよね・・・。」とお聞きすると、ぜひ、家を見にいきたいという話になりました。

その中古住宅を見学されてから、話がとんとん拍子で進んで、家を購入するというお話になりました。家の現状を確認して、状態をお客さんにご説明するために、実際に家を調査に伺いました。

① 実は10年前に屋根を軽量化して、耐震補強をしている

築30年の一戸建て住宅ですが、実は10年前に屋根の軽量化(日本瓦→ガルバニウム鋼板)と耐震補強の工事をしてありました。

② 中宅住宅の広さや間取りを確認して、新たに4人家族の暮らしを想像してみる

建物の状態を確認している際に、リフォームのご相談も上がってきました。ずっと以前に設計した住宅なのですが、再び、新たなご家族にリフォームの御依頼をいただけるのは、とてもうれしいことです。

③ 一番の検討項目は、リビングの大きな上がり座敷&造り付けキッチン

一番の検討材料はリビングの大きな上がり座敷でした。リビングの大部分、10畳程度が畳の上がり座敷になっていて、中央には掘り炬燵形式の大きなテーブル(1800mm×850mm)が作りつけてあります。

 

④ 「壁、天井、床などの仕上げ材のリフォームや住宅機器の取り替え

リフォームのメインは、仕上げ材の塗り替えや貼り替えです。漆喰壁は補修して、表面の色合わせ。クロスは基本的に張り替えです。木部は、オイルペイントやクリア塗装の塗り替え、畳は新しく入れ直しました。

そのほかの部屋の広さや数は、現状で問題なさそうなので、大きな間取りは変えずに仕上げ材を新しくしたり、トイレや浴室などの住宅機器を入れ換えていきます。電気関係は、照明はすべてをLEDのダウンライトに付け替え、経年変化で黄ばんでしまったスイッチやコンセントプレートなども、劣化の少ないアルミ製に交換します。もちろん、エアコンも新しく・・・。

キッチン天板のタイルは貼り替え、シンクはホーローからステンレスに

⑤ 外部はシーリングの取り替えと外壁モルタルの吹き付け

屋根は10年前に耐震化のために、瓦から、軽量材のガルバニウム鋼板に吹き替えしてありました。ですから、今回、外部で直したのは外壁部分。

外壁は、モルタル下地に吹き付けと一部、木材を使用してあります。屋根の軒もありましたので、大きな破損や劣化はなく、単純に表層の塗り替えです。30年前の建物なので、サイディングも金属系のパネルも使われていません。

モルタル吹き付けのシンプルな外観ですが、今の時代に見ると、それもかえって特徴的な個性として新鮮な感じもします。

⑥ 2階の個室は畳からフローリングに変更

2階の個室は元々、畳の続き間でした。新たに畳からフローリングに変更です。幅1800mmの大きな一本引き戸で、ワンルームとして利用することができます。バルコニーに面した開口部は、木製建具の造作でできています。

ホントはガラスをペアガラスにしたいところですが、建具の厚みが足りませんし、重量が重くなりますので我慢です。断熱性が気になる場合は、内側にインナーサッシを取り付けして対応するのが無難かと思います。