築32年の一戸建て住宅をリフォーム(柏市)

築32年の木造一戸建て住宅をリフォーム(柏市)

千葉県柏市に建つ住宅のリフォームです。32年前に建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)で設計監理した住宅です。

近年は、おばあちゃんが一人で暮らしていた住宅でしたが、住み手が変わって、新しく子育て世代の4人家族の家になることになりました。ご家族の住み替えにあたって、今回、建物の持ち主が変わるタイミングで、新しいオーナーさんから建物の状態の確認やリフォームのご相談がありました。

ずっと以前に設計した住宅なのですが、再び、新たなご家族にリフォームの御依頼をいただけるのは、とてもうれしいことです。

築30年の一戸建て住宅ですが、10年前に屋根の軽量化(日本瓦→ガルバニウム鋼板)と耐震補強の工事をしてあります。以前、新築の際に作成した手書きの実施図面も残っていましたので、確認したところ構造的にも問題なさそうです。家具や木枠などの造作関係の部位も多く、丁寧に作られていますので、仕上げ部分がキレイに仕上がると家が見違えるのではないかと思っていました。

新しく暮らしを始めるご家族は、2人の小さなお子さんを子育て中の4人家族。部屋の広さや数は、現状で問題なさそうなので、大きな間取りは変えずに仕上げ材を新しくしたり、トイレや浴室などの住宅機器を入れ換えていきます。電気関係は、照明はすべてをLEDのダウンライトに付け替え、経年変化で黄ばんでしまったスイッチやコンセントプレートなども、劣化の少ないアルミ製に交換します。もちろん、エアコンも新しく・・・。

既存のキッチンはタイル&ホーローシンクの制作したキッチンでしたが、形状が特殊なため今回もタイルで新しく仕上げ直すことになりました。以前は白い150mmタイルが張られていましたが、お客さんのご希望で今度は濃紺のタイルと白のモザイクタイルのキッチンになりました。

屋根は10年前に耐震化のために、瓦から、軽量材のガルバニウム鋼板に吹き替えしてありました。ですから、今回、外部で直したのは外壁部分。

外壁は、モルタル下地に吹き付けと一部、木材を使用してあります。屋根の軒もありましたので、大きな破損や劣化はなく、単純に表層の塗り替えです。30年前の建物なので、サイディングも金属系のパネルも使われていません。モルタル吹き付けのシンプルな外観ですが、今の時代に見ると、それもかえって特徴的な個性として新鮮な感じもします。

関連ブログ:ホームインスペクション(住宅診断)のメリット(柏市の築32年リフォーム) 2021/03/07
関連ブログ:【千葉県柏市の家づくり】築32年の住宅リフォーム現場 [手作りの「造作」や「細工」の良さを感じる] 2021/01/29
関連ブログ:柏市で中古住宅のリフォームの打ち合わせ 2020/12/20
関連ブログ:【築32年の住宅 リフォーム前の様子】千葉県柏市 2020/10/17
関連ブログ:【築32年 千葉県柏市の住宅 リフォーム】設計事務所の家づくり 2020/02/16

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
WORKS TOP