【築30年の住宅 リフォーム前の様子】千葉県柏市

【築30年の住宅 リフォーム前の様子】千葉県柏市

新たな住み手の新しい暮らし

今日は千葉県柏市で、住宅のリフォームの打ち合わせです。建物は築30年の一戸建て住宅。30年前に独楽蔵で設計した住宅ですが、今回、建物の持ち主が変わるタイミングで、新しいオーナーさんから建物の状態の確認やリフォームのご相談がありました。

ずっと以前に設計した住宅なのですが、再び、新たなご家族にリフォームの御依頼をいただけるのは、とてもうれしいことです。

新しく暮らしを始めるご家族は、2人の小さなお子さんを子育て中の4人家族。部屋の広さや数は、現状で問題なさそうなので、大きな間取りは変えずに仕上げ材を新しくしたり、トイレや浴室などの住宅機器を入れ換えていきます。

キッチンは特殊な形状で、一般的なシステムキッチンの取付は難しいので、タイルを貼り替えて作り直す計画です。電気関係は、照明はすべてをLEDのダウンライトに付け替え、経年変化で黄ばんでしまったスイッチやコンセントプレートなども、劣化の少ないアルミ製に交換します。もちろん、エアコンも新しく・・・。

以前、新築の際に作成した手書きの実施図面も残っていましたので、確認したところ構造的には問題なさそうです。家具や木枠などの造作関係の部位も多く、丁寧に作られていますので、仕上げ部分がキレイに仕上がると家が見違えるのではないかと思っています。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
ブログ TOP

関連記事

【日高市高麗川の築100年古民家リノベーション】玄関土間部分の工事

【日高市高麗川の築100年古民家リノベーション】玄関土間部分の工事の画像

【日高市高麗川の築100年古民家リノベーション】玄関土間部分の工事

日高市高麗川の築100年の古民家リノベーションの現場です。18畳ほどある広い土間空間は、そのままの間取りや古材の素材感を生かしつつ、きれいに化粧直しをしていく予定です。

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーションの画像

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。ロードサイドによくある店舗や倉庫、オフィスなどが建ち並んでいます。道の向こうは東京都。真っ赤な背景に白文字の飲食店、南京亭が目立っています。こっちは白黒で会社のロゴをデザインしたシンプルな看板です。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション中。

【深谷市の築50年 木造平家の一軒家をリノベーション】解体作業

【深谷市の築50年 木造平家の一軒家をリノベーション】解体作業の画像

【深谷市の築50年 木造平家の一軒家をリノベーション】解体作業

残りの半分のスペースは住居スペースに改造していきます。まずは解体工事から。不要な壁や天井を解体していきます。壁のパネルを取り外すと中から土壁が現れました。この建物の新築当時のモノだと思われます。土壁の下地に使う細い竹の竹小舞も見ることができます。