1F鉄筋コンクリート+2.3F木造の混構造(ハイブリッド)人工地盤の庭

1F鉄筋コンクリート+2.3F木造の混構造(ハイブリッド)人工地盤の庭

1階が事務所、2.3階が住宅の事務所併用住宅です。構造的にも鉄筋コンクリート(1F)、木造(2.3F)の混構造になっています。今風にいうと、木造と鉄筋コンクリート造のハイブリットですね・・・。上階(2.3階)を住宅で使う場合は、3層とも鉄筋コンクリートの3階建てを建築するよりも、いろいろとメリットがある気がします。この混構造の建物は、背の高い基礎の上に、2階建ての住宅が建っている感じをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。

1階と2階の間には、コンクリートのスラブ(床)(厚み150~200mm)がありますので、木造に比べて、遮音性、防火性に優れているという利点もあります。また、1階部分は木造に比べて、壁の少ない広い空間が確保できますので、店舗や事務所には、もってこい・・・。

その他のメリットは以下の通り

① 2.3階が木造なので、軽量なため耐震性に優れている
② 木造部分が多いので、コストが割安&工期が短い
③ 2.3階(木造部分)の平面プランの自由度が高い (増改築の自由度も高い)
④ 2階部分に人工地盤の庭が確保できる

【住宅街の中で、コテージ(小屋)をつくる理由】

リビングの大開口から見える庭先のコテージは、ご主人のための趣味の部屋。母屋から離れた小屋です。何もわざわざカッコをつけて、もったいぶって、この場所につくっている訳ではありません。れっきとした理由があるんです。

まず、一つ目の理由は、「隣地の視線を遮るための目隠しの壁」として・・・。人の目が気になると、庭に出るのもなかなか億劫になってきますし・・・。目隠し塀と小屋の機能を融合させています。二つ目は、「自分の領域(敷地の範囲:陣地と言ってもいいかもしれません)をしっかりと視覚化することで、より空間を広く感じることができるから」です。リビング側からの風景もいいですが、小屋から我が家を見ても、いいものです。離れの小屋というと広い敷地の中のモノを思いがちですが、住宅街の中の限られた空間の中で、より効果を発揮するんです。

独楽蔵(設計事務所)ホームページ TOP
WORKS TOP