【外で音楽を聴いてもいいよね 屋根のあるアウトドアリビング】飯能市 設計事務所の『家づくり』

【外で音楽を聴いてもいいよね】 屋根のあるアウトドアリビング

飯能市 自然素材の『家づくり』

庭と大きな軒下空間&室内の一体化

西武池袋線 飯能駅から車で10分。JR八高線 東飯能駅からは車で5分の閑静な住宅街。徐々に新しい住宅が増え始めている区画整理地内に位置します。ご夫婦2人が暮らすための室内面積が24坪のコンパクトな住宅です。ポーチを含めた本屋根付きのデッキテラス(4.5坪)を、袴のような下屋部分に配置して、庭と一体化した広がりのある建築空間になっています

大きな屋根のアウトドアとインドアの中間スペース

軒下は、屋根の下地や垂木はそのままあらわして、白いペンキで化粧しました。天井の高い気持ちのいい空間です。壁を計画的に配置して、周囲の視線をカットすることで、落ち着きのある空間をつくります。内壁は、構造用合板9mmの上ペンキ仕上げで、暮らした後のお客さんによるDIYがしやすいように・・・。

雨に濡れないデッキテラスは家具の出しっ放しもOK

趣味のCDコレクションを、リビングの壁として

ご主人の趣味は、CDのコレクションをすること。集めたCDは、単に収納するだけではなくて、リビングのインテリアとして表舞台で飾ることに・・・。見せる収納です。CD棚は、構造兼用の柱を細かく並べて、柱の間に棚板を渡して、柱の奥行きを利用しました。奥行きの少ないCDだからこそ成り立つ、オリジナルな収納です。

内と外の中間領域【大きな屋根の軒下テラス】飯能市の家づくり

関連記事:インドアとアウトドアの中間領域【大きな屋根の軒下テラス】
関連コラム:【一つの住まいからの街づくり】
関連コラム:【耐久性・メンテナンスから発想する外壁仕上げ】
関連コラム:【夜の屋敷の風景を考える】

住まいのポータルサイト homify 特集「屋外でゆったり過ごせるフレンドリーな家」
掲載誌  SUSU 素住 NO.7 空間をフル活用する玄関のつくり方

独楽蔵(設計事務所)ホームページ
WORKS TOP