バルコニーに小さなコテージのある家

バルコニーに小さなコテージのある家

埼玉県東部の田園の中に建つ二世帯住宅

埼玉県東部のJR武蔵野線 吉川駅から車で5分。中川と江戸川に挟まれた広大な田園の中に建つ家です。玄関とお風呂は共通ですが、1階が親世帯、2階が子世代のスペースでゾーン分けをした二世帯住宅になっています。1階の玄関を経由せずに直接2階に上がれるように、建物の外側に2階のバルコニーに続く、タラップがついています。2階のバルコニーには、若夫婦共通の趣味が登山だったため、その道具を飾ったり、片づけたりするための小さいコテージ(約3畳)を計画しました。この小さな別棟がオーソドックスな外観のちょっとしたアクセントになっています。

田んぼの中の一軒家なので、強風に対する防備やプライバシーなどを考慮して、計画を進めました。(埼玉県吉川市 U・T邸)

文字通り田んぼの中の一軒家。どの方向から見ても、安定感のある外観をデザインしています。敷地の南側には、武蔵野線の電車が走るのが見えます。

西側外観:薪置き場を隣地側に配して、目隠しの塀の役割も持たせています。薪ストーブの薪置き場(鉄筋コンクリート製)は、洗濯物の物干し場も兼用。

関連記事:住まいのポータルサイトhomify:特集【コテージがあるバルコニー⁉ユニークなデザインの2世帯住宅】
関連記事:【薪置き場を、ただの薪置き場に終わらせない】設計事務所の家づくり

ホームページ TOP
WORKS TOP