埼玉県吉川市の新築木造住宅は建築設計事務所/独楽蔵へ

13年前にデザイン&製作したポストの現在

設計事務所の家づくり

先日、お邪魔した埼玉県吉川市の住宅には、広い敷地のアプローチの途中に、一本脚でたつ大きな独立ポストがあります。住宅の新築の際にデザインして、制作したポストです。白い庇の下にある口から挿入して、やっぱり白い庇の下にある裏蓋から出すタイプのポストです。この家は2世帯住宅なので、ネームプレートは2つ。ちいさなデコレーションスペースや置き台も設けてあります。

ポストの制作は、独楽蔵の事務所の近所で、金属のフレームや看板、制作物の一点モノをお願いしていた「宮さん」。当時は、こちらの難しくて、細かい要望に応えて、いろんなモノを作ってもらっていました。

ポストの制作の間、何度も工場に足を運んだことなども思い出しました。今はもう、引退されていますが、吉川市で「宮さん」晩年の作品に再開して、とてもうれしい気持ちになりました。13年経過しても、キレイなディテール、丁寧な仕事だったことが感じられ、まだ現役で活躍しています。やっぱりキレイな仕事が残るといいですね。

製作当時、濃紺の本体に、アクセントカラーで鮮やかなオレンジを入れました。ご主人がサッカーのアルビレックス新潟の熱心なサポーターで、オレンジを希望されたからです。13年経過したそのポストは、ご主人の手によって、濃紺がスカイブルーに変身して、よりアルビレックスのチームカラーに近づいていました。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、オフィスや古民家、中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

WORKS:完成当時のこの家の様子はこちら
その後の暮らし:13年経過したこの家の暮らし

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

「シティホール飯能」さんの2周年記念祭にお邪魔しました。

「シティホール飯能」さんの2周年記念祭にお邪魔しました。の画像

「シティホール飯能」さんの2周年記念祭にお邪魔しました。

「シティホール飯能」さんの2周年記念祭にお邪魔しました。建物は家族葬を中心に考えたセレモニーホールです。当日は、お客さんの対応でお忙しい中、スタッフの皆さんに建物の使い勝手を尋ねてみたり、今までに使用されたお客さんの反応などをお伺いしました。

住宅工事現場の大工さんと「旧:染織指導所(現:入間市文化創造アトリエ AMOGO!)の棟梁の関係は?

住宅工事現場の大工さんと「旧:染織指導所(現:入間市文化創造アトリエ AMOGO!)の棟梁の関係は?の画像

住宅工事現場の大工さんと「旧:染織指導所(現:入間市文化創造アトリエ AMOGO!)の棟梁の関係は?

先日、仕事始めで、飯能で建設中の新築住宅現場に行った時のこと。いつも仕事を一緒にしている顔なじみの大工さんが大工工事を担当している現場なのですが、その大工さんとお話をしていると「こんなお便りをもらったよ」と言って、入間市の文化創造アトリエAMIGO!の名前が入った封筒から、一枚の青いペーパーを見せてくれました。AMIGOからの定期的なお便りのようです。

【住宅の引き渡しその後】ダイニングチェアが届きました(入間市の家づくり)

【住宅の引き渡しその後】ダイニングチェアが届きました(入間市の家づくり)の画像

【住宅の引き渡しその後】ダイニングチェアが届きました

ダイニングの椅子が届きました。テーブルは造り付けの一本脚なので、テーブル単体だと、なんだか不安定な感じに見えてしまって、写真を撮っても、なんだか収まりの悪い感じになってしまいます。椅子が入るとテーブルのスケール感もわかって、やっと、部屋として落ち着いた雰囲気になりました。