【実は、北側の窓は、借景窓に向いているんです ①】設計事務所の住宅デザイン

【実は、北側の窓は、借景窓に向いているんです ①】設計事務所の住宅デザイン

写真を写す際、特に人物の写真を撮る時は、逆光になってないか気をつけますよね。逆光だと顔が真っ暗になって、キレイに見えないからです。風景も同様です。建築においても、北側の窓は、日の当たった風景が逆光にならないで、明るく綺麗に見えるので、実は借景には、もってこいなのです・・・。

ただ、なにぶん北側ですので、冷気が足元に回り込んで居住性が落ちないように、断熱性や気密性を考慮する必要があります。

南面窓のようにテラスとの行き来も必要ありませんので、基本的には木製の可動式ではなく、FIX(固定)のアルミサッシがいいように思います。機能優先です!ただ、換気の方法については検討しておく必要がありますが・・・。

写真は北側の借景窓を持つダイニング。窓の外には絵本のような里山と総武本線を走る電車が見えます。

風景を綺麗に切り取るために、ワイドビューのFIX窓と換気用の小突き出し窓の連窓サッシにしました。また、風景が額状に見えるように、木製の太枠を廻しています。

夏の夜には、里山からカブトムシが窓に向かって飛んできます・・・。

WORKS:【この住宅の竣工当時の写真はこちら】

独楽蔵(建築設計事務所)ホームページ TOP
コラム TOP