【職住近接の暮らし (既存減築工場+新築住宅) 多角形の2階リビング】 イラスト/間取り計画案

【職住近接の暮らし (既存減築工場+新築住宅) 多角形の2階リビング】 イラスト/間取り計画案

JR川口駅から車で東に10分。芝川の荒川への放水路『新芝川』沿いは、古くから小さな工場が建ち並ぶ。本計画の敷地はこの『新芝川』沿い。廻りは工場が建ち並ぶ環境だ。左側:既存建物(1F金属加工工場+2F住宅)の脇に新しく右側:住宅を新築。既存の建物は、2Fの部分を減築し、重量を軽減化をはかり、工場棟として使用。新築の住宅は、プライバシーなどを考慮し、2階リビングとしました。暮らしの延長として、減築した工場の2階スペースは、広いデッキテラスと露天風呂、倉庫を設置。

建物の群像系としての変化のある空間になりました。

住宅鳥瞰図

工場(既存建物)と新築住宅は、導線を分離しながら、緩やかにつながる建築群

左側が、既存の建物(1F金属加工工場+2F住宅:納戸)。右脇に新しく計画したのが、住宅部分。既存の建物は、2Fの部分を減築し、重量を軽減化をはかり、工場棟として使用。

既存の建物(工場棟)と新築住宅 2階リビングの一体使用

2階リビングには、薪ストーブを設置。その薪の搬入のために、外から直接上がってくることの出来る外階段を設けてあります。

その外階段からは、新築住宅の脇にある工場の屋上スペースに直接あがることもできます。この既存建物の2階部分は、既存の建物を減築して、広いデッキバルコニーとして、2階リビングと一体の人工地盤として活用します。洗濯物を干すスペースや、廻りから視線の届かない場所に露天風呂も設置してあります。

エントランスポーチ イメージ

廻りの工場群に左右されるに、自分の敷地内で、完結する快適な住環境をつくる

小さな工場群が隣接している地域なので、借景による風景には期待できません。自分の敷地内で、緑豊かな落ち着いた住環境を確保する必要がありました。ですから、リビングは空が広くて、プライバシーの確保できる2階に配置し、個室や客間などは、1階に配置しました。

玄関の前には、ピロティーで大きなポーチをつくりました。そのポーチの廻りは植え込みスペースを600mm程度上げて、廻りの環境を遮断するようにグリーンで囲んであります。

WORKS:【職住近接の暮らし (既存減築工場+新築住宅) 多角形の2階リビング】竣工当時の写真はこちら

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)ホームページ TOP
イラスト/間取り 計画案 TOP