2020年8月の記事一覧

2020年8月の記事一覧

築100年の古民家リノベーション(竣工後1年半)狭山市

築100年の古民家リノベーション(竣工後1年半)狭山市の画像

築100年の古民家リノベーション(竣工後1年半)狭山市

今日は、昨年リノベーションした狭山市の住宅にお邪魔してきました。建物自体は昨年、改修し終えていますので、建物の廻りの庭や蔵、外構の整備についてのご相談です。約1年暮らしてみてのご感想やコロナ禍での近況などをお伺いしました。以前していたロードバイクをまた最近、再開されたそうです。玄関土間には、自立型のバイクハンガーに自転車が2台掛けられていました。先日、新しいロードバイクをご購入されたそうで、古いバイクの写真は撮られたくなさそうですが、写真を撮らせてもらいました(笑)また、新しいロードバイクを見にお伺いしたいと思います。

『レンブラントの帽子』バーナード・マラマッド

『レンブラントの帽子』バーナード・マラマッドの画像

『レンブラントの帽子』バーナード・マラマッド

短編を読むのは、久しぶりでしたが、あっという間の物語は、とても新鮮な感じがしました。ひとりの人間が持ち合わせている「イヤな部分」や「ずるい気持ち」、「やさしさ」や「思いやり」が、カメレオンのようにころころと変化して、とても人間くさいお話です。ユーモアを感じる文章ですが、作品全体に「もの悲しさ」が流れています。著者のバーナード・マラマッドは、アメリカのユダヤ人小説家。両親がロシアからアメリカに移民したロシア系ユダヤ人移民だそうです。物語の中の表層、下層に「国籍」や「人種」、「生い立ち」などから成り立つ彼のパーソナリティをとても感じる文章でした。

『樹木とその葉』若山牧水 (牧水を通してみる山河の風景)

『樹木とその葉』若山牧水 (牧水を通してみる山河の風景)の画像

『樹木とその葉』若山牧水 (牧水を通してみる山河の風景)

若山牧水が静岡県沼津市に転居していた大正10年から13年の間に綴った随筆です。本の冒頭の一首「山にあらず海にあらずただ谷の石のあひをゆく水かわが文章は」にあらわれているように、日常や、山河をめぐるたびの様子が、自由自在に書かれたエッセイです。愛する草履を履いて行く徒歩の旅。

フレンドこども園(日高市) 2020年夏(竣工から2年半経過)

フレンドこども園(日高市) 2020年夏(竣工から2年半経過)の画像

フレンドこども園(日高市) 2020年夏(竣工から2年半経過)

メンテナンスの打ち合わせで、久しぶりに日高市の『フレンドこども園』に行ってきました。お伺いしたのはお盆明けの夕方。遊戯室では延長保育の園児たちが、ブロックや絵本、マットに包まって楽しそうに遊んでいました。

【築20年 2階リビングの住宅に薪ストーブ設置】真夏の点火式

【築20年 2階リビングの住宅に薪ストーブ設置】真夏の点火式の画像

【築20年 2階リビングの住宅に薪ストーブ設置】真夏の点火式

今日は先日、リフォームが終了した坂戸の住宅で、薪ストーブの『点火式』ストーブを設置した業者さんに来てもらって、実際に火をつけながら、取り扱いの説明をしてもらいます。

【飯能市山手町の『キッチン HAMA 2nd』でランチ】(完成から4ヶ月)カフェデザイン

【飯能市山手町の『キッチン HAMA 2nd』でランチ】(完成から4ヶ月)カフェデザインの画像

【飯能市山手町の『キッチン HAMA 2nd』でランチ】(完成から4ヶ月)

今年の3月のオープンから、コロナ禍の影響で、テイクアウトの営業が続いていましたが、今日はやっと店内で、食事を頂くことが出来ました。飯能市山手町の『キッチン HAMA 2nd』でランチ。お客さんは多かったですが、ソーシャルディスタンスを保たれた店内で頂きました。
定番のステーキ丼とヤマメの唐揚げ、チーズハンバーグ、野菜3倍チーズ焼きカレー。それとかき氷。

「里山資本主義」藻谷浩介 (個人や地域から考える経済)

「里山資本主義」藻谷浩介 (個人や地域から考える経済)の画像

「里山資本主義」藻谷浩介 (個人や地域から考える経済)

現代社会の基盤となっている化石燃料、マネー資本主義から少し距離を置いて、里山や身近な環境を利用して、地域や社会を活性化しようと試み。「里山資本主義」・・・里山の副産物、間伐材、木くずなど(お金がかからないもの)を原料にしたエネルギーの創造、通貨を介さない地域コミュニティ、耕作放置地を利用した活動など・・・。その結果として地域の雇用の創出や税収の増加、安心、安定からくる出生率の増加、豊かな子育てなどをうたっています。

ビンテージアームライト(GRAS:フランス)の欧州用白熱電球をLED化

ビンテージアームライト(GRAS:フランス)の欧州用白熱電球をLED化の画像

ビンテージアームライト(GRAS:フランス)の欧州用白熱電球をLED化

ビンテージのアームライト(GRAS フランス)の白熱電球をLEDの電球に換えてみました。欧州の白熱球はソケット部分が、日本のねじ式とはカタチが異なる引っかけるタイプなので、ちょっと高いですし、白熱電球自体が、ヨーロッパでは、もう製造中止になりそうです。日本のLEDを取り付けるためには、海外球から日本の仕様に変換するソケットが必要になります。

「ここは、ぶどう園?」リビング&玄関ポーチにステンレスの葡萄棚(入間市)

「ここは、ぶどう園?」リビング&玄関ポーチにステンレスの葡萄棚(入間市)の画像

「ここは、ぶどう園?」リビング&玄関ポーチにステンレスの葡萄棚(入間市)

ここは、ぶどう園?いえいえ、住宅のポーチです。数年前に引き渡しをした住宅に、ちょっとした改修の打ち合わせに行ってきました。葡萄棚は住宅の工事の際にステンレスのパイプで制作しました。数年間で、葡萄もずいぶん大きくなりました。