埼玉県所沢市の新築住宅は一級建築士事務所/独楽蔵へ

所沢市の旧家で「ハチホンバサミ」を譲り受ける

「ハチホンバサミ」とは、落ち葉を集める大きな竹かごのこと

「ハチホンバサミ要りませんか?」市内在住の女性から、突然、事務所に電話がありました。「ハチホンバサミって、落ち葉を集める大きな竹かごのことですか?」と尋ねる私に、「そうです、そうです。ネットでハチホンバサミの事を書かれている独楽蔵さんの記事を見つけたので、勇気を出して電話してみました。」と女性。

私が10年以上前に書いた、「ハチホンバサミを使いながらアトリエでの落ち葉掃除をしている」ブログの記事を見つけて、わざわざ電話をしてくれたそうで、とてもうれしい気持ちになりました。ブログ書いていて良かったです。なんでも、所沢にある実家の納屋を解体するそうで、片付けをしている最中で、処分に困っているとのことです。もし、断ると廃棄処分になってしまうそうで、折角なのでお言葉に甘えて頂くことにしました。

過去のブログ:【入間市の設計事務所 独楽蔵の風景】 落ち葉カゴ「八本ばさみ」はこちら

ハチホンバサミは「武蔵野の落ち葉堆肥農法」で使用する道具

ハチホンバサミとは、雑木林で掃き集めたクズ(落葉)を詰めて運ぶ籠のことで、横回しの竹が8本あることでハチホンバサミと呼ばれているそうです。(横回しの竹が6本の少し小ぶりのサイズのロッポンバサミもあります)クズをぎっしり詰めると大変重く、背負う際を考えて立ち木のそばに置き、立ち木にすがって立ち上がった。 道まで背負い出すと、そこからは手車に積んで家の落ち葉堆肥場まで運んだそうです。「武蔵野の落ち葉堆肥農法」は、平地林の落ち葉を堆肥として利用するという、この地方で江戸時代から300年以上続く伝統農法でした。

以前はアトリエにもハチホンバサミがあって、庭の落ち葉集めや落ち葉堆肥つくりの際に使っていましたが、竹が切れてしまって穴だらけの状態になってしまったので、数年前に処分していました。所沢の旧家で、実際に見た籠は、とてもいい状態でした。無くなったお父様がわざわざ遠方の職人さんにつくってもらったそうで、傷んだ部分もなくキレイな状態で保管してありました。

【アトリエに到着した3つのハチホンバサミ】

想像以上に大きくて、軽トラにギリギリ3つ積むことができました。来年の落ち葉掃きで活躍しそうです。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

2月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』が終了しました。

2月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』が終了しました。の画像

2月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』が終了しました。

REFACTORY antiquesの店舗で毎月第1土曜日開催の企画「have a LIFE day」。身近な暮らしや家族について考えたり、会話をしたり、地域の繋がりや、ものづくりに出逢う場所として、みなさんと共有できたらと考えて開催しています。2月の【have a LIFE day】。暦は、ちょうど立春で、新しい年、早春を感じるような明るい日差しの中、たくさんのお客さんにおでかけいただき、ありがとうございました。

【子どもの頃に感じた家の記憶】帰省した友人の家で

【子どもの頃に感じた家の記憶】帰省した友人の家での画像

【子どもの頃に感じた家の記憶】帰省した友人の家で

玄関の薄暗くて張り詰めた空気や、廊下のよく磨かれた床板(松の柾目)の光の反射、中庭から見える雪やワンコが吐く白い息。奥の台所で料理をつくるお母さんの笑い声や、布団を取りに何度も登り降りした急な階段。この家の空間と、その時、感じた五感は、鮮明に残っていて、たくさんの思い出と直結しています。

【ワークスペースとして便利な土間空間】玄関土間で靴磨き

【ワークスペースとして便利な土間空間】玄関土間で靴磨きの画像

【ワークスペースとして便利な土間空間】玄関土間で靴磨き

今日は久しぶりに自宅でゆっくりとした時間があったので、朝食を食べた後、靴磨きをすることにしました。最近は忙しさにかまけて、靴が汚いままだったので、ずっと気になっていました。革靴を全部磨こうとするとかなり大変なので、今日は茶系の革靴だけにしました。春夏秋の風が気持ちのいい季節には、庭のデッキテラスや玄関ポーチのインナーデッキがいい作業スペースになりますが、外はちょっと寒いので、冬はもっぱら、玄関土間が作業の場所になります。