【川の近くに家を建てるのは危険なのか?】設計事務所の家づくり

【川の近くに家を建てるのは危険なのか?】設計事務所の家づくり

川沿いの家の耐震性について

近年、台風や集中豪雨などによって、洪水や浸水被害が多く発生したので、川に隣接した土地は、ぼんやりと洪水や地震などの災害の際に危険なイメージがあるかもしれません。もちろん、粘土やシルトなどが滞積してできた軟弱地盤や、砂地の液状化現象、水面からの地盤面が近い場合など、危険な場所が多くあるのも事実ですが、逆に、岩盤や玉石、礫層などで地盤に強度があったり、高台だったり、より安定している安全な場所もあることも事実です。

地震に対しては、建物の耐震性が重要なのはもちろんですが、建物が建つ地盤の強度が最も重要になります。

独楽蔵(建築設計事務所)ホームページ TOP
コラム TOP