かぴら幼稚園 第2園舎(保育棟&厨房棟)坂戸市

かぴら幼稚園 第2園舎(保育棟&厨房棟)坂戸市

通常の幼稚園から『幼稚園型こども園』に移行するための増築計画

坂戸市の西端に位置する丘陵のニュータウン『西坂戸団地』に中にある幼稚園の増築計画です。

通常の幼稚園から、幼稚園型のこども園に移行するための0~5歳のための『保育棟』と園児全員分の給食を作るための『厨房棟』を新しく別棟で新築しました。広い幼稚園の敷地は、丘陵の造成地のため、南北に約2m程度の高低差があり、既存の教室(保育室)は、園庭から約1.5m高い位置にありました。新しく完成する『厨房棟』から教室への給食の配膳は、圧倒的に旧園舎のほうが数が多いために、『厨房棟』は旧園舎の教室と同じ高さ、園庭から1.5m高いレベルにつくるほうが理にかなっています。

新しい保育棟は、園庭と同じ床レベルのほうが望ましいので、新しい建物は、『保育棟』と『厨房棟』の2棟に分ける計画をなりました。その建物の間に、東側道路に接道する新たな幼稚園の出入口を設けました。この出入口は、時間帯の異なる保育部門専用のエントランスとして活用するのと同時に、厨房への食材搬入路、廃棄物の搬出場所として計画しました。

かぴら幼稚園 第2園舎(坂戸市) 園庭側外観&多目的テラス&外廊下

WORKS:かぴら幼稚園 第2園舎 ディテール

独楽蔵(建築設計事務所)ホームページ TOP
WORKS