【かぴら幼稚園 第2園舎 新築工事】『外廊下 ヒノキの階段』埼玉 設計事務所のデザイン

【かぴら幼稚園 第2園舎 新築工事】『外廊下 ヒノキの階段』

坂戸市の『かぴら幼稚園 第2園舎』の新築工事現場です。丘陵の住宅地の中にある幼稚園の敷地は、高低差があるため、既存の第1園舎と新しい第2園舎には、約1500mmの段差があります。

それを解消するのが既存のスロープと外廊下に出来る新しい階段です。工期や施工性、耐久性、金額などから、最後まで、コンクリートで作ろうか、木製がいいか?迷っていたのですが、木製にすることに・・・。深い軒もありますし、やっぱり幼稚園の園児が使うモノなので・・・。

大工さんが、段板も、手すりもヒノキの無垢材で製作してもらうことにしました。ヒノキの柱や厚板、羽目板など、なんでもない材料から階段が出来ていきます。

園児用の階段なので、段の高さも125mm程度で、小さくてかわいいです。そばに近寄っただけで、ヒノキのいい香りに包まれます。このままの白木のまま仕上げたいのですが、手すりはすぐに汚れてしまうので、すこしだけ色をつける予定です。

【かぴら幼稚園(坂戸市) 第2園舎 新築工事】 ヒノキの外階段

独楽蔵(建築設計事務所)ホームページ TOP
ブログ TOP