2020年9月の記事一覧

2020年9月の記事一覧

『ヤオコー川越美術館』に出かけました。

『ヤオコー川越美術館』に出かけました。の画像

『ヤオコー川越美術館』に出かけました。

今日は遠出はしたくないけど、朝からなんだか美術館に行きたい気分。ということで、近場の『ヤオコー川越美術館』に出かけました。川越の市街地はたくさんの人通りですが、こちらはとても空いてます。三栖右嗣(みすゆうじ)さんの作品や、伊東豊雄さんの空間もゆっくりと堪能できました。

【古民家リノベーション(飯能市)】 14年目の秋

【古民家リノベーション(飯能市)】 14年目の秋の画像

【古民家リノベーション(飯能市)】 14年目の秋

以前、お世話になったお客さんのお宅に久しぶりにお邪魔しました。玄関のガラス引き戸のちょうど真上に、毎年巣作りをしているツバメはもういません。庭に咲いていたアザミと秋海棠(シュウカイドウ)が玄関に生けてありました。

【飯能の小さな別荘(コテージ)】25年目のメンテナンス

【飯能の小さな別荘(コテージ)】25年目のメンテナンスの画像

【飯能の小さな別荘(コテージ)】25年目のメンテナンス

25年前に設計した小さなコテージが親子3代にわたって、使われているのをお聞きして、とってもうれしい気持ちになりました。

『柳田国男と今和次郎 災害に向き合う民俗学』畑中章宏

『柳田国男と今和次郎 災害に向き合う民俗学』畑中章宏の画像

『柳田国男と今和次郎 災害に向き合う民俗学』畑中章宏

コロナ禍真っ只中の今年の4月、NHKの日曜美術館で「疫病をこえて 人は何を描いてきたか」という回を見ました。「疫病」をテーマとした美術をとりあげ、人間がどのように疫病と向き合い乗り越えてきたかを探る内

『子どもと孤独』エリス・ボールディング 著/小泉文子 訳・著 (孤独な時間のつくりかた)

『子どもと孤独』エリス・ボールディング 著/小泉文子 訳・著 (孤独な時間のつくりかた)の画像

『子どもと孤独』エリス・ボールディング 著/小泉文子 訳・著 (孤独な時間のつくりかた)

なんだか、以前は忙しすぎて、子どもたちの生活って、このくらいのんびりしていたほうがいいのではないかという気持ちになったりもしました。ネットですこし話題になりましたが、コロナの自粛で、練習時間が短くなった高校野球の選手たちが、「体が大きくなった」、「投手の球速が伸びた」、「打者の飛距離が伸びた」なんていうニュースもありましたし・・・。案外、のんびりなほうが、いろいろな成長ができるかもしれません。

【職人さんの手間や細工を見せる空間】築30年の住宅のディテール(設計事務所の家づくり)

【職人さんの手間や細工を見せる空間】築30年の住宅のディテール(設計事務所の家づくり)の画像

【職人さんの手間や細工を見せる空間】築30年の住宅のディテール

ちょっとした不具合を確認するために家の中にお邪魔しました。独楽蔵で30年前に設計した住宅です。その頃、わたしはまだ独楽蔵にいませんでした。そこは、しっとりと落ち着いた暮らしのある空間でした。長い時間をかけて住み手の方に馴染んできたような雰囲気も感じられました。

【住宅のクロス(壁紙)選び】設計事務所の家づくり

【住宅のクロス(壁紙)選び】設計事務所の家づくりの画像

【住宅のクロス(壁紙)選び】設計事務所の家づくり

住宅の天井や壁などの内装仕上げ材は、木質系や塗り壁(漆喰など)、タイルにペンキ仕上げなどいろいろな材料を使います。材料によって金額が異なりますので、より安価に仕上げたいのであれば、クロス(壁紙)やペンキ仕上げなどが候補に挙がってきます。限られた予算を効率よく使うためには、お金をかける部分とそうではない部分のメリハリをつける必要も出てきます。

【外壁にクライミングウォールのある家(宇都宮市)】設計事務所の家づくり

【外壁にクライミングウォールのある家(宇都宮市)】設計事務所の家づくりの画像

【外壁にクライミングウォールのある家(宇都宮市)】設計事務所の家づくり

建物の完成から5年経過。宇都宮のKさんのお宅に久しぶりにお邪魔しました。今日はわたしの家族と一緒にお伺いして、家でランチをごちそうになりました。土間玄関の大きな軒下にテーブルを出して、「たこ焼き」パーティーです。ご主人は関西出身の方なので、ガス式のたこ焼き器をお持ちでした。ご主人曰く、関西人は、一家に1つ必ず持っているということですが、本当でしょうか・・・。

【本気の『薪ストーブ』生活(宇都宮市)】設計事務所の家づくり(完成から5年経過)

【本気の『薪ストーブ』生活(宇都宮市)】設計事務所の家づくり(完成から5年経過)の画像

【本気の『薪ストーブ』生活(宇都宮市)】設計事務所の家づくり(完成から5年経過)

夏は涼しいですし、冬は薪ストーブが主暖房。エアコンなしの本気の『薪ストーブ』生活です。季節に合わせて、部屋を小さく区切れるようになっていますが、穏やかな季節は、部屋の引き戸を全解放して、ワンルーム状態。

埼玉県狭山市博物館の「ジョンソン基地とハイドパーク展」に貸し出していた展示物が帰ってきました。

埼玉県狭山市博物館の「ジョンソン基地とハイドパーク展」に貸し出していた展示物が帰ってきました。の画像

埼玉県狭山市博物館の「ジョンソン基地とハイドパーク展」に貸し出していた展示物が帰ってきました。

埼玉県狭山市博物館で行われていた「ジョンソン基地とハイドパーク展」が終了したので、貸し出しをしていた展示物が事務所に帰ってきました。博物館の方々が元通りに付け直してくれました・・・・。

【2階リビング 薪ストーブと外タラップのある家】(入間市)設計事務所の家づくり

【2階リビング 薪ストーブと外タラップのある家】(入間市)設計事務所の家づくりの画像

【2階リビング 薪ストーブと外タラップのある家】(入間市)

引っ越し直後の様子。ダイニングの造り付けテーブル用の椅子やソファなどの家具が入って、お客さんの家らしくなってきました。

『日本キリスト教団 武蔵豊岡教会(埼玉県入間市)』の見学会

『日本キリスト教団 武蔵豊岡教会(埼玉県入間市)』の見学会の画像

『日本キリスト教団 武蔵豊岡教会(埼玉県入間市)』の見学会

W.H.ヴォーリズ設計の「日本キリスト教団 武蔵豊岡教会(埼玉県入間市 1922)の見学会に行ってきました。今日の見学会は建築士会主催だったので、建物の小屋裏も見せていただけるそうです。