2021年4月の記事一覧

2021年4月の記事一覧

【家づくりから15年目の春】子どもの巣立ち(宇都宮市)

【家づくりから15年目の春】子どもの巣立ち(宇都宮市)の画像

【家づくりから15年目の春】子どもの巣立ち(宇都宮市)

15年前に住宅の設計をした宇都宮のKさんから、久しぶりに近況のメールがありました。家を計画していた当時、小さかったお子さんたちも成長して、上のお子さんが今年から東京の大学に進学されたとのこと。メールには、今のKさんのお気持ちが綴られていて、ご両親よりも身長が大きくなったお二人の息子さんと写した4人家族の写真も添付してありました。

家をデザインするということ(設計事務所の仕事)

家をデザインするということ(設計事務所の仕事)の画像

家をデザインするということ(設計事務所の仕事)

友人や知人などお会いするいろんな方々に「自分が思い通りの建物をつくることが出来ていいですね・・・。」というようなことを、よくいわれます。それは、決して間違っているわけではありませんが、家を設計したり、デザインしているときは、自分の好きなようにデザインをしているという感覚ではないんです。

子育て世代の新築住宅でシンプルな暮らしを実現する(飯能市)

子育て世代の新築住宅でシンプルな暮らしを実現する(飯能市)の画像

子育て世代の新築住宅でシンプルな暮らし(飯能市)

絵本やぬいぐるみ、アンパンマンにポケモン、セーラームーン、クレヨンにスケッチブックや粘土などなど。ご夫婦があまりモノを置かないようなシンプルな暮らしを目指そうと思っても、子どもたちの道具やおもちゃなどがどうしても溢れてしまいがちな子育て世代のご家族。汚したり、散らかす子どもたちもパワフルなので、室内を毎日、綺麗にキープしておくのは難しいですよね。家全体を整理整頓するのは、かなり難しいので、散らかっても気にならない場所と綺麗にしておく場所を分けて考えておくと、気持ちも片付けも楽になります。

セレモニーホールの小改造(入間市)

セレモニーホールの小改造(入間市)の画像

セレモニーホールの小改造(入間市)

約20年前に独楽蔵で設計監理をしたセレモニーホールの小改造。今回は、時代の要望に合わせていろいろな形態の式が行えるように、小式場とお清め所、遺族控室の改修です。一番の目的は、故人と遺族が、お通夜の最後の夜を一緒に過ごせることができるように、お通夜の後に遺族控室に棺を飾ることのできるスペースを設けることです。

築32年の一戸建て住宅をリフォーム(柏市)

築32年の一戸建て住宅をリフォーム(柏市)の画像

築32年の木造一戸建て住宅をリフォーム(柏市)

千葉県柏市に建つ住宅のリフォームです。32年前に建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)で設計監理した住宅です。近年は、おばあちゃんが一人で暮らしていた住宅でしたが、住み手が変わって、新しく子育て世代の4人家族の家になることになりました。ご家族の住み替えにあたって、今回、建物の持ち主が変わるタイミングで、新しいオーナーさんから建物の状態の確認やリフォームのご相談がありました。